港北区版 掲載号:2018年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

アピタテラス横浜綱島 食と健康などテーマに 30日グランドオープン

経済

アピタテラス横浜綱島外観
アピタテラス横浜綱島外観
 ユニー株式会社(本社=愛知県)は8日、現在綱島街道沿い(綱島東4の3の17)に建設中の「アピタテラス横浜綱島」を30日(金)・午前9時にグランドオープンさせることを発表した。

 同施設は、パナソニック事業所跡地に開発されている次世代都市型スマートシティ(Tsunashima SST)の商業施設。

 同店の佐藤欣博店長によると、近隣では30〜40代といったニューファミリーの人口構成比が市平均よりも高く、共働き世帯が多いという特徴があるという。こうした商圏ニーズに対応するため、同店の直営食料品売場「アピタフードマーケット」では食生活の情報発信とともに、弁当や総菜など簡単・便利に食べられる商品を提供。施設全体のテーマは食・健康・コミュニティとなっている。

地域貢献施設を設置

 同社は、地域住民の交流機能や防災機能などの導入を図ることを目的とした基本協定を横浜市と締結している。地域貢献施設として、放課後学童クラブ「つなしまみらい広場『ひかり』ソレイユ」と、市内で2箇所目となる高齢者の就労・地域活動紹介窓口「港北区生きがい就労支援スポット」を設置する。さらに、地域住民が利用可能な貸会議室を備える。

 建物は地上4階建で1・2階が店舗、3階以上が駐車場(駐車台数約900台)。敷地面積は約5500坪。専門店を含む営業面積は約4620坪で、コンパクトショッピングセンターとしての位置づけだ。60の専門店には、ホームファッション商品を主に取り揃えるニトリの新業態「ニトリエクスプレス」や、オムレットケーキの店「ルール ドゥ グーテ」など神奈川初出店のテナントも入る。

 佐藤店長は「地域の方々が集い、長く愛される店舗運営を目指します」と話す。

港北区版のトップニュース最新6件

最多87会場、新スポットも

港北オープンガーデン

最多87会場、新スポットも

4月26日号

メタボ健診を無料化

横浜市

メタボ健診を無料化

4月26日号

中高年も該当、浮き彫りに

横浜市内ひきこもり

中高年も該当、浮き彫りに

4月19日号

港北区から2店舗

ガチチャーハン!

港北区から2店舗

4月19日号

「市政を大胆に前進」

処方箋問合せを効率化

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク