港北区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

横浜文化賞 マイスター、平山さん受賞 ステンドグラスの技伝える

文化

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena
製作に4年かかったという作品の原画を持つ平山さん
製作に4年かかったという作品の原画を持つ平山さん

 横浜市は、文化発展に尽力し、功績を残した人に贈られる「横浜文化賞」の今年度受賞者をこのほど発表した。港北区では社会貢献・スポーツ部門で、ステンドグラス職人で横浜マイスターの平山健雄さん=人物風土記で紹介=が受賞した。

 今年で第67回目となる同賞は、音楽や美術、舞踏、経済の専門家や市会議員などにより選考が行われている。

 平山さんは光ステンド工房(菊名)を主宰しており、市内を中心に全国でステンドグラスの製作や修復を行っている。2000年に横浜マイスターの称号を得た。国の重要文化財である横浜市開港記念会館や、横浜市外交官の家、日本福音ルーテル日吉教会で修復を、港北区役所や今夏に建て直された高木学園附属幼稚園で新設をする等多数の実績を持つ。また市内小中高や公共施設で体験教室を年に5回ほど開催。「ステンドグラスとは?」という説明から、様々なガラスの切れ端を使ったガラスコラージュ製作などを教えている。平山さんは「人間は感動することが日常にないと生きていけない。子どもたちにもそれを体感してもらえれば」と話す。

横浜の光が好き

 横浜市に住み始めたのは約35年前のこと。横浜の光のもとで製作したいとこの地を選んだ。横浜には、オゾンを多く含んだ柔らかな光が降り注いでいるのだという。それから市内のステンドグラスを調査し、修復すべきものを市に提案し続けた。大切にしているのは、「どれだけ修復すべき価値があるのか」を探り、人々に理解してもらう努力を続けることだという。

 今後は、横浜にあるステンドグラスの価値を上げ、日本で誇るべき作品が存在するとアピールしていきたいという。そのため、まずは市内の作品をリストアップし、修復していく方針。また現在はほとんどのガラス素材をフランスから取り寄せているため、横浜でガラスの生成を行い、地場産業にしたいという熱い思いを持つ。「泡が入ったり曲がったり、人が作った証が見えるガラスがあってもいい。”多様性豊かな素材を使ったステンドグラス”という新たな文化として、火を灯せたら」

 11月22日(木)には受賞者の贈呈式が行われ、抽選で250人が参加可能。申込みは往復はがきで市文化観光局へ。10月19日(金)必着。(問)同局【電話】045・671・3715

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

コロナ禍でも地域活性を

港北区商連

コロナ禍でも地域活性を 経済

工夫凝らし企画進める

10月14日号

現職2人による争いか

衆院選7区

現職2人による争いか 政治

10月31日投開票

10月14日号

動画配信で説明会

綱島駅東口再開発

動画配信で説明会 社会

市、意見書等を受け付け

10月7日号

今年もオンライン

港北区民まつり

今年もオンライン 社会

横アリからの配信企画募集

10月7日号

オンラインで修学旅行

高田中

オンラインで修学旅行 教育

市内初の取組み

9月30日号

空手団体で全国V

新羽中

空手団体で全国V 教育

8連覇中の強豪破る

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook