港北区版 掲載号:2019年4月11日号
  • LINE
  • hatena

統一地方選港北区 福地氏・嶋村氏、トップ当選 自民市議は3議席

政治

市議選でトップ当選を果たした福地氏と美佐子夫人(上)、県議選トップ当選の嶋村氏と智恵子夫人
市議選でトップ当選を果たした福地氏と美佐子夫人(上)、県議選トップ当選の嶋村氏と智恵子夫人

 第19回統一地方選挙の投開票が4月7日に行われ、市議選では福地茂氏(自民・新)、県議選では嶋村公氏(自民・現)が、それぞれトップ当選を果たした。港北区選挙区では、市議選(定数8)・県議選(定数4)にそれぞれ12人、5人が立候補していた。

自民・新人がトップ当選

 市議選では7人の現職と元職1人、新人4人の計12人が8議席を争う構図となった。

 1万6792票を獲得しトップ当選を果たしたのは福地氏。当確の知らせを受け、「手づくりの選挙で、一人で駅頭に立つこともあったが、地元の方々に声が届いた結果」と振り返った。初挑戦でのトップ当選には「責任を感じる。負託にこたえたい」とし、「まずは防災・減災政策に取り組む。そこから健康長寿や教育、地域振興、街の活性化に還元できるはず」と意気込んだ。ほか大山正治氏(立民・現)、酒井誠氏(自民・現)、白井正子氏(共産・現)、望月康弘氏(公明・現)、大野知意氏(立民・新)、佐藤祐文氏(自民・現)、豊田有希氏(無・現)が当選。自民党は前回選挙で2となった議席数を再び3とした。酒井亮介氏(国民・現)、串田久子氏(維新・元)、檜垣明宏氏(立民・新)、山田義明氏(幸福・新)は及ばなかった。

嶋村氏、5期目へ

 定数4を5人で争った県議選。無投票が危ぶまれたが告示直前に5人目の立候補予定者が現れたため、選挙戦となった。

 結果は、嶋村氏が3万2704票を獲得し、5期目の当選。同氏は「告示直前に選挙戦となったが、4期の実績と後援者の方々の心意気を信じ、戦い抜くことができた」と振り返り、「地域の意見が区政・市政・県政に届くよう、市会陣営と一緒に取り組みたい」と抱負を語った。菅原暉人氏(立民・新)、武田翔氏(自民・現)、大山奈々子氏(共産・現)も当選。松崎綾氏(希望・新)は届かなかった。

投票率は上昇

 港北区の投票率は市議選が40・04%で前回と比べ1・35ポイント上昇、県議選は41・26%で前回比1・34ポイント上昇となった。

港北区版のトップニュース最新6件

慶應高、4年ぶり4度目V

軟式野球県春季大会

慶應高、4年ぶり4度目V

5月16日号

令和の幕開けを祝福

小机城址まつり

令和の幕開けを祝福

5月16日号

「令和」に平和の願い込め

大倉山「青柳」

「令和」に平和の願い込め

5月1日号

「夢や希望、区民と共有」

港北区制80周年

「夢や希望、区民と共有」

5月1日号

事業協力者と協定締結

新横浜南口再開発準備組合

事業協力者と協定締結

4月25日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月25日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク