港北区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

楠の木学園岡田秀太さん 夢の日本代表に選出 知的障がい者フットサルで

スポーツ

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 小机の特定非営利活動法人「楠の木学園」高等部2回生で、横浜F・マリノスフトゥーロ(知的障がい者サッカーチーム)所属の岡田秀太さん(16)が、このほど初めて知的障がい者フットサル日本代表選手に選出された。夏の強化合宿を前に、その夢を実現するまでの道のりを取材した。

中学での恩師との出会い

 岡田さんは軽度知的障がいを伴う自閉症スペクトラム。中学は地元中原区の市立井田中学校特別支援級に在籍。そこでのサッカー部顧問、木村有志教諭との出会いが「今の自分を決定づけた」と話す。6歳から地域のクラブ等に所属していたがこだわりが強い特性等から周囲との摩擦もあったという。同中学サッカー部では技術はもちろん、マナーやチームワーク、オフ・ザ・ピッチでの生活態度、『心・技・体』など「ベースとなる部分を教えてもらった。悩んだ時も木村先生がいたからサッカーを続けられた」。代表選出も直接報告に行ったと笑顔を見せる。

 高校進学時、障がい者サッカーの日本代表になりたいとの目標を掲げ、Jリーグ初の知的障がい者サッカーチームである横浜F・マリノスフトゥーロに入り、チーム練習に通いやすく、発達障がい教育の先駆けでもある同学園に入学。担当教諭によれば「朝は誰より早く来て、教室の片付けなど手伝い、テスト勉強も手を抜かない生徒」だという。サッカーについてもストレッチや練習ノート記入を欠かさないとも。

偶然の監督視察から

 代表の座をつかんだきっかけは、昨年末の神奈川県選抜チームのフットサル大会で、偶然、代表監督が視察に来ていたこと。左利きである特徴や技術が目に留まり、年明けの代表強化合宿に練習生として参加。5月の合宿を経て、代表入りが正式決定した。代表選手はほとんど社会人という中でまさか自分が選ばれるとは、と岡田さん。

 フトゥーロの宮下幹生監督は「年齢は16歳と若いが、幼少期からのサッカー経験から技術はしっかりしたものを持っている。スピードがあり、左サイドからの突破と左足のキック力には見所がある」と評し、「性格は負けず嫌い、内に秘めた強さがありコツコツ努力するタイプ。将来がとても楽しみ」と期待を寄せる。

 中学時代の恩師、木村教諭は「まずは彼がサッカーが大好きになるようにと接していた。先輩たちが試合に負けた後、悔しがらずに笑う様子を見てイライラしていた子。手を抜かず、人の3倍も4倍も練習していた。彼の人生、未来に触れることができた気がして、とても嬉しい」と話す。

 今は10月開催の「もうひとつのW杯」、INAS GLOBAL GAMES 2019 BRISBANEに向け、準備を進めている。一歩一歩、次の夢に向かって。

中学卒業時の文集より(一部)
中学卒業時の文集より(一部)

保育士募集

横浜市松見保育園の嘱託職員。アルバイトさんも募集中です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/madoguchi-shisetsu/kuyakusho/gyomuannai/20181129082405950.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

99歳、今も現役画家

高田東荒井 茂雄さん

99歳、今も現役画家 文化

3冊目の作品集を上梓

3月19日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

関東労災病院 市民公開講座

大腸がん・がん患者へのサポート・食事について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク