港北区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

横浜市モデル事業 綱島にケアプラ分室 15日に開所式

社会

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつする藤塚所長
式典であいさつする藤塚所長

 綱島地区に今月1日、樽町地域ケアプラザ分室(綱島東2の12の19)がオープン、15日には開所式が開催された。式典には区役所や同地域ケアプラザ運営法人、綱島地区町内会関係者ら約30人が参加し、地域からの長年の要望が前進したことを祝った。

 地域ケアプラザは、高齢者や子ども、障がいのある人など、誰もが地域で安心して暮らせるよう、身近な福祉・保健の拠点として多様な取組みを行っている公共施設。綱島地区における樽町地域ケアプラザ分室設置は、今年度の横浜市のモデル事業に位置付けられている。同地区を含む樽町地域ケアプラザが担当する圏域人口は、約8万2千人。高齢者人口は約1万4千人と市内141地域ケアプラザ等の中で第一位となっている。同施設の藤塚政敏所長によれば、介護保険の利用に関する相談などが非常に多く「ここに配属された6年前から、綱島地区にケアプラザがあればとの要望はあった」と話す。

 その後、市の地域ケアプラザにおける職員配置の見直しにより同施設は3人の増員となり、2016年には同施設を運営する(社福)横浜共生会が独自の取組みとして、綱島西に出張相談所「スペースつなしま」を設置し、業務を行っていた。特に鶴見川以北の綱島地区は、今後も高齢者人口増加が見込まれていることから、今年度、さらに市は同施設に職員2人を増員し、市では初の試みとして分室設置を決定。なお「スペースつなしま」の場所は「つなしま交流室」として常駐職員のいないフリースペースとなり、分室は、綱島東に新たに設置されている。

 式典のあいさつで栗田るみ区長は「他エリアのモデルになれば」と話し、また同地域ケアプラザ運営協議会の小口照夫会長は「便利になって、とてもよかった」と喜びを語った。綱島地区連合自治会の佐藤誠三会長は「綱島東地区の住民は近くなって喜んでいる。私もその一人」と会場の笑いを誘った。

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook