港北区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

横浜市 公民連携し魅力ある公園へ 基本方針を策定

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
民間事業者によりアスレチック施設などが整備される里山ガーデン(写真は緑化フェア開催時)
民間事業者によりアスレチック施設などが整備される里山ガーデン(写真は緑化フェア開催時)

 横浜市は公園の魅力アップを図り、横浜のブランド力向上などを目的に、公園における「公民連携」を推進している。市は現在、基本方針を策定中。9月に公表する考えだ。

 横浜市内にある公園は現在、約2700カ所。そのうち約2300カ所の管理の一部を公園愛護会が担うほか、スポーツ施設のある公園など約100カ所には指定管理者制度が導入されており、公園の公民連携が進んでいる。一方、公園全体では約6割が設置から30年以上が経過。厳しい財政状況の中、整備費や維持管理費の確保が難しいのが現状だ。

 そのような変化を受け市は、これからの公園の方向性をまとめた基本方針の策定を進めている。民間事業者などと連携し、「公園利用者の満足度の向上」や「維持・管理の効率化」などを目指していく。具体的な取り組みとしては、大規模公園などで各公園の特性を生かした将来像を描くプランの策定、公募設置管理制度(Park-PFI)※の推進など。社会情勢の変化や公園利用者のニーズが多様化する中、市は公民連携を進めることで公園の魅力をアップさせ、公園から横浜のブランド力向上を図る考えだ。

里山ガーデンが市内初

 2017年の全国都市緑化よこはまフェアの会場として整備された「里山ガーデン」(旭区)では、公民連携の先行事例として、市内初のPark―PFIによる事業が進められている。開園は今年9月の予定。園内には本格的なアスレチック施設が整備される。市環境創造局担当者は「公園に応じて、利用者からのニーズの高い『カフェ』や『ランニング拠点』などが整備される可能性もあるのでは」と話す。

※公募設置管理制度…民間事業者などの資金やノウハウを活用し、公園の整備・管理を行う制度。管理委託を受ける民間事業者などの事業期間が最長10年から20年に延伸したことで、提供できるサービスの幅が広がった。

港北区版のトップニュース最新6

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

野菜作りで福祉に寄与

市民団体「コスモス畑」

野菜作りで福祉に寄与 社会

地域作業所と販売会共催

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook