港北区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

ホップがつなぐ仲間の輪 高田の農家で収穫作業

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
古川原さん(右)と芹田さん。今年は倍の収穫量に
古川原さん(右)と芹田さん。今年は倍の収穫量に

 新規就農して7年、2015年からホップを生産し、初の横浜産地ビールづくりに協力している高田の古川原農園。

 園主の古川原琢さんは昨年「ホップづくりの仲間を増やしていきたい」としていたが、今年実現し、隣接する芹田果樹園の芹田賢治さんがホップの生産仲間に加わった。

 芹田さんは高田地区で数百年続く農家。通常は、浜ぶどうや浜柿を主に生産している。「昨年古川原さんに誘われて、農園のホップを使ったフレッシュホップビールを飲みに行ったらこれがうまくて。自分も作りたいと話がまとまった」とにっこり。

 初収穫となった8月6日には、TVKのTV番組「かながわ旬菜ナビ」も取材に来園するなどちょっとしたイベントに。仲間が増えたおかげで収穫量は昨年の2倍以上となったため「より美味しいビールになるはず」とはビール製造を担う(株)横浜ビールの担当者。収穫したホップは、生のまま同社のブルワリーで仕込まれ、9月半ば頃、同社直営レストラン等で販売される予定だ。

 古川原さんは「全国ではホップの収穫体験をできる農家も多い。もっと多くの人を巻き込んでみたい」と今後を見据えた。

港北区版のローカルニュース最新6

賛成意見もカジノ不安視

IR説明会

賛成意見もカジノ不安視 社会

市は、必要性を強調

2月20日号

これからも地域のために

これからも地域のために 社会

菊名コミバスが10年目

2月20日号

日スタ杯で初の戴冠

港北区選抜

日スタ杯で初の戴冠 スポーツ

小学生女子の部

2月20日号

環境フォーラム

悔しさバネに躍動

悔しさバネに躍動 スポーツ

もうひとつのいばらき大会

2月20日号

2連覇へ、必勝祈願

横浜F・マリノス

2連覇へ、必勝祈願 スポーツ

リーグ開幕戦は23日

2月13日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク