港北区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

『続・綱島温泉物語』を制作した港北ふるさとテレビ代表の 伊藤 幸晴さん 下田町在住 58歳

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

仕事で人を幸せに

 ○…港北ふるさとテレビ局開局10周年を迎え、撮影を続けてきた映画『続・綱島温泉物語』が完成し、11月から区内でお披露目会を開く。2015年度に発表した作品の続編。「自分の住む街の生い立ちを知り好きになってもらえれば」と作品に込めた想いを話す。

 ○…東京生まれ。結婚を機に港北区へ。「今では故郷と感じるのはこの街だね」としみじみと語る。小学生の頃「NHKのテレビカメラマンになる」と夢を抱き、小学5年から高校まで放送部に所属。「給食の時間に生放送で番組を放送していたのは楽しかった」と当時を振り返る。「動く映像が衝撃だった」とすっかり動画に魅せられてテレビっ子に。時間があれば、渋谷のNHKスタジオへ行き見学していた。「もう何百回行ったか分からない。夢中だったからね」

 ○…最初の就職先は衛星通信のエンジニア。世界を飛び回るように働いていたため、一年の半分は海外で生活していた。自宅に帰ってくるたびに周辺の景色が変わることに「街の風景は撮っておかなければ忘れてしまうんだ」と思い自分の家の周りを撮影したことから映像作品作りが始まった。「写真として記録する人はいたけど、映像を残す人は少ないからね。人のやっていないことをやりたかったんだ」と少年のように笑う。

 ○…今では港北の歴史に精通しているが、実は教科の歴史は苦手で学生時代は赤点だったことも。時を経て「歴史を知るのは面白い」と笑顔で話す。人生のモットーは“人を幸せにする仕事”をすること。当時先駆けだった通信業への就職もこの思いから。今は、作った映像を見る人の、懐かしむ表情や喜ぶ顔にやりがいを感じている。「私の仕事で誰かを幸せにできれば…」という挑戦はまだまだ続く。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

社会人経験を生かした創作落語などを、区内や海外で幅広く披露する

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

新吉田東在住 63歳

10月1日号

大竹 英二さん

菊名でハーモニカ教室を開き、朝ドラ『エール』では楽器指導を担当した

大竹 英二さん

港北区在勤 51歳

9月17日号

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

韓国伝統舞踊家として、区内や各都市で舞台に出演する

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

港北区在住 56歳

9月10日号

松井 寿徳さん

小机の歴史を基にしたボイスドラマを制作した地域演劇集団スターリンクスを主宰する

松井 寿徳さん

港北区菊名在住 48歳

9月3日号

磯貝 嘉広さん

鶴見川の自然を撮影した映像が、NHK『さわやか自然百景』で放映される

磯貝 嘉広さん

港北区在住 49歳

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク