港北区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

横浜FM 15年ぶりVへ、王手 7日、日スタで最終節

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
後半24分、チームの3点目を決めるFW・エリキ選手(写真左端)
後半24分、チームの3点目を決めるFW・エリキ選手(写真左端)

 横浜F・マリノスは11月30日、明治安田生命J1リーグ第33節・川崎フロンターレ戦(等々力陸上競技場)で4-1の勝利。リーグ戦残り1試合で、2位・FC東京と勝ち点3差の首位を守った。12月7日(土)にホーム・日産スタジアムで行われる最終節で、15年ぶりとなるリーグ優勝の達成が期待される。

 その勢いは、リーグ2連覇中の王者・川崎をも飲み込んだ--。5連勝で迎えた敵地での試合でも、自慢の攻撃陣が大爆発。前半8分、FW・仲川輝人選手が左サイドからのクロスに反応。腹部でゴールに押しこみ、自身出場5試合連続となるゴールで幸先よく先制点を奪った。仲川選手は今季15点目。同僚のFW・マルコス ジュニオール選手と並んで得点ランキングトップとなった。後半に入っても主導権を握ったのはF・マリノス。4分と24分にFW・エリキ選手が2ゴールを決めリードを3点に広げた。その後に一点を返されたものの、終了間際に途中出場のFW・遠藤渓太選手がエリキ選手からのラストパスを受け、勝負を決定づける4点目をマーク。4-1の快勝で、2万3千人を超す観客が集まった神奈川ダービーを制した。

 キャプテンのひとりであるMF・扇原貴宏選手は、「川崎に勝ってこそ優勝にふさわしいチームだと思ってやってきた。それが結果に表れたので良かった」と試合を振り返った。最終節は出場停止となったが「チームのためにできることをしたい」と語った。

勝って優勝決めたい

 33試合を消化し、21勝4分け8敗の勝ち点67で首位に立つ横浜F・マリノス。2年目を迎えたアンジェ ポステコグルー監督体制のもと、攻撃サッカーに磨きをかけ、ここまでリーグで唯一60点を超える65ゴールを記録する攻撃力を武器に、2004年以来、15年ぶりとなるリーグ優勝に王手をかけた。

 12月7日(土)のリーグ最終節でホーム・日産スタジアムに迎える相手は、勝ち点3差で迫る2位・FC東京。優勝をかけた大一番は、引き分け以上でF・マリノスの優勝となる。また、負けた場合も3点差以内であれば、得失点差で上回り、1位となる。

 仲川選手は「(条件は関係なく)勝てばいい。勝って、日スタでファンと喜び合いたい。それだけです」と力強く前を見据えた。

港北区版のトップニュース最新6

町に彩りと元気を

高田町市民団体

町に彩りと元気を 社会

ひまわり約500本を植苗

5月28日号

コロナ対策などに力点

港北区

コロナ対策などに力点 社会

2020年度運営方針

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

青パトで外出自粛呼びかけ

地域の有志

青パトで外出自粛呼びかけ 社会

「日常取り戻したい」

5月14日号

地元紹介チャンネル開設

小机の城まち会

地元紹介チャンネル開設 社会

第一弾は商店街

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク