港北区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

2020年度港北区予算 防災・東京五輪など重点 自主事業に1億1888万円

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 港北区の2020年度自主企画事業予算案および概要が示された。事業費は1億1888万7千円で、19年度から489万5千円減少。「防災」「東京2020大会への機運醸成」「子育て支援の充実」などの新規および拡充事業が盛り込まれている。

 自主企画事業は、地域の身近な課題や区民の要望にこたえて区が独自に行う取組み。今年も【1】安心して暮らせるまちづくり【2】活気にあふれるまちづくり【3】地域で支えあう福祉・保健のまちづくり【4】区民サービス向上に向けた取組--の4つの柱で構成されている。

風水害時の避難行動支援

 防災における新規事業では、風水害時の避難行動について、避難方法や避難場所についての情報を掲載した啓発用リーフレットを作成、各種イベント等での配布を予定。また区内の指定緊急避難場所に、風水害時における避難場所の開設に関する情報を記載した案内表示板を2カ年計画で設置する。昨年の台風19号の際、震災時の指定緊急避難場所と風水害時の避難場所が異なり、一部で区民の混乱があったことを受けて実施されるもの。児童交通安全対策事業では、スクールゾーン路面標示補修箇所を増やす。

大会機運醸成へ

 夏の東京五輪に向け、機運醸成及び開催後のレガシー定着に向けた取組みを慶應義塾大学や地域、関係機関と連携して実施。また大会期間中、競技会場外で大型スクリーンを利用した競技中継を誰もが楽しめる「コミュニティライブサイト」も実施(会場/横浜ラポールを予定)。英国事前キャンプ関連イベントも行われる予定だ。

子育て・高齢者福祉

 身近な福祉保健課題解決のための地域福祉保健計画(ひっとプラン港北)の第4期計画を策定。また新規事業として、昨年開設した樽町地域ケアプラザの分室「つなしま相談室・つなしま交流室」での多世代交流サロンを予定。さらに、区内6カ所の親と子のつどいの広場で新たに妊婦向けプログラムも開始。また昨年に包括連携協定を締結したダッドウェイ社の協力を得て、同社が実施する放課後児童向け拠点(新横浜)の空き時間に、地域の子育てに関する交流の場を設ける。

区民サービス向上へ

 戸籍課の繁忙期の来庁時待ち時間短縮に向け、電話対応の一部に、専門スキルのあるオペレーターの配置などを予定。

 なお区予算を含む市の予算案は、現在市会定例会で審議中。

横浜労災病院よりお知らせ

2/28開催予定の横浜労災病院市民公開講座は中止です。

https://www.yokohamah.johas.go.jp/news/2020/02/228.html

新横浜プリンスぺぺ

スマホカメラでQRを読み取ると共通お買い物券が当たる

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

新横浜プリンスぺぺ

2月29日は4年に一度の肉の日! 横浜F・マリノス 開幕応援フェアも

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

人と人つなぎ10年

街カフェ大倉山ミエル

人と人つなぎ10年 社会

多世代交流の場、創出

4月2日号

区内2団体が受賞

横浜環境活動賞

区内2団体が受賞 社会

児童への環境学習評価

4月2日号

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

深夜スタッフ大募集中

高時給!初めてでも地元で仕事を始めるにはピッタリ!

https://crewrecruiting.mcdonalds.co.jp/map/14036

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク