港北区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

新型コロナ 港北区でも影響広がる クラファンで打開策も

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
笑顔を見せる阿部さん
笑顔を見せる阿部さん

 各地で感染が報告される新型コロナウイルス。臨時休校やイベントの中止、外出自粛など、港北区内でもその影響は広がっている。一方、日吉の個人飲食店がクラウドファンディングを始動するなど、この苦境を乗り越えようとする動きも生まれている。

個人飲食店が団結

 不要不急の外出を控える傾向により、多くの飲食店では客足が減少している。日吉のハンバーガーショップ「MADE IN HANDS」もその一つ。「特に個人経営の店は打撃が大きい」と代表の阿部和彦さん。2月にそんな先行きの見えない不安をSNSに投稿すると、全国の同業者から共感の声が寄せられた。「リーマンショックや東日本大震災を経験した老舗店ですら、かつてない被害と言っており事態の大きさを再確認した」という。

 「一緒にこの困難を乗り越えるアクションを起こしたい」と始めたのがクラウドファンディング。前職は経営コンサルタントという異色の経歴を持つ阿部さんならではのアイデアだ。”おいしい、はコロナに負けない。”をスローガンに、個人飲食店と客が支え合うシステムを構築。具体的には、廃棄になりそうな食材や余裕のできた時間で作った新メニューなど、各店が魅力を発信し、支援を募る。支援者には出資金に応じ、コロナ終息後に参加店で使えるチケット(金券)が配布されるという仕組みだ。

 プロジェクトは、3月12日にスタート。4月末までに500万円を第一目標に掲げる。また、現在の参加店は約40店だが「ゆくゆくは200店ぐらいに広めたい。全国各地のお店で、料理を食べながら『あの時は大変だったな』と笑って振り返れる日が早く来てほしい」と阿部さん。活動は始まったばかりだが、「こうやって個人飲食店同士の繋がりができたのはありがいこと。地域ごとに共同のイベントなどができるようなきっかけにもなったのでは」と笑顔を見せた。

多方面に影響

 そのほか、区内のある居酒屋では、昼間のお弁当販売を開始。通常は夜の営業のみだったが、新たなサービスを始め、状況の打開を図っている。

 臨時休校により、学校や家庭にも影響は及んでいる。小学校では、家庭での対応が困難な児童の緊急受け入れを実施。ある学校では、受け入れ時も児童同士の座席の間隔を空けるなどして、感染防止に努めている。またPTAが主体となり、保護者らの参加が不可能となった卒業式をライブ配信するといった取組みもみられる。

 大型施設等にも、その影響は広がっている。横浜アリーナでは、4月に開催予定だった「令和二年春巡業 大相撲横浜アリーナ場所」の延期をはじめ、イベントの中止、延期が相次いてでいる。またテナントのスポーツクラブ利用者の中から罹患者が発生したトレッサ横浜では、館内清掃・消毒・従業員の健康管理強化のため、一時臨時休業とした。

港北区版のトップニュース最新6

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

ひとり親家庭の力に

綱島の飲食店

ひとり親家庭の力に 社会

弁当を無償提供

6月4日号

町に彩りと元気を

高田町市民団体

町に彩りと元気を 社会

ひまわり約500本を植苗

5月28日号

コロナ対策などに力点

港北区

コロナ対策などに力点 社会

2020年度運営方針

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク