港北区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

自宅の子どもたちに夢を マリノスユース出身有志、プロジェクト発足

スポーツ

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
上段左から、森谷選手、齋藤さん、田代選手下段左から、武田選手、長谷川選手、山岸さん
上段左から、森谷選手、齋藤さん、田代選手下段左から、武田選手、長谷川選手、山岸さん

 横浜F・マリノスのユース出身の選手たちからなる新プロジェクト「ROOTS.(ルーツ)」がこのほど発足した。

同期6人が集結

 プロジェクトの発案者は、森谷賢太郎選手(愛媛FC)、長谷川アーリア・ジャスール選手(名古屋グランパスエイト)、田代真一選手(横浜FC)、武田英二郎選手(同)、山岸純平さん(元法政大学体育会サッカー部)と齋藤陽介さん(元横浜F・マリノス)の6人。その名の通り、ユース時代を共にF・マリノスで過ごした同期のメンバーだ。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で、日常生活が制限されていた中で、「サッカーやスポーツを通して何かできることはないか」という思いからスタート。「メンバーとは今も連絡を取り合う仲だった。そんな状況で、お互いに同じ思いを持っていたので、”いま自分たちにできること”を自分たちなりに行動に移したいと決断した」と森谷選手は語る。

オンラインで交流

 取組みとしては、オンライン上でのスクールやトークイベントで自宅にいる子どもたちと交流を行う。イベントを通して、サッカーやスポーツを楽しむ子どもたちに自身のプレー経験やスキル、思いを伝え、更なる成長や楽しみのきっかけを創出するのが狙いだ。また、これまで応援してくれたファンやサポーター、また指導者や競技に携わる人に向けて、このようの状況下でも楽しんでもらえるようなコンテンツの企画、発信も予定している。

 5月のプレイベントを経て本格始動し、6月15日と17日にはオンライントークイベント「ROOTS.Talk Session Vol.1」を開催した(23日にも開催)。対象は、事前応募で当選した少年サッカーチーム(各日1チームずつ)。子どもたちは、プレーのアドバイスをもらうなど、憧れのプロ選手らと過ごす貴重な時間を過ごした。

 森谷選手は、「自分たちが”楽しい”と思うことはもちろん、皆さんにも楽しんでいただけるよう、色々なことにチャレンジしたい。一緒に作り上げていくコミュニティにできれば幸せ」と活動への意欲を口にする。

 プロジェクトの今後の活動は公式ツイッター(@ROOTSofficial1)で随時発信していく。

横浜F・マリノスユース時代のメンバー
横浜F・マリノスユース時代のメンバー

港北区版のローカルニュース最新6

申請状況、サイトで照会

特別定額給付金

申請状況、サイトで照会 社会

横浜市

7月2日号

依然昨年に及ばず

【Web限定記事】新横浜駅前の人口変動

依然昨年に及ばず 社会

前年同日から約3千人減

7月2日号

まるで煙、ふわふわの木

まるで煙、ふわふわの木 社会

日吉本町 横山さん宅

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

特別インタビュー

「新しい社会の形」追求を 社会

県医療危機対策統括官 阿南医師

7月2日号

行政団体にマスク寄贈

行政団体にマスク寄贈 社会

日吉商店街、横建協

7月2日号

中学生にも最後の大会を

中学生にも最後の大会を 社会

市内保護者が署名集める

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク