港北区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

県大会2連覇、関東へ 大綱中女子陸上部

スポーツ

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
笑顔でガッツポーズする駅伝メンバーら
笑顔でガッツポーズする駅伝メンバーら

 大綱中学校女子陸上部(林弘幸顧問)は11月7日、神奈川県中学校総合体育大会駅伝競走大会に出場し、2連覇を達成した。本来なら優勝チームが出場する全国大会は中止。現在は、来月5日の関東大会に向け「悔いの残らないよう」と日々練習に励んでいる。

 同部の女子駅伝チームは、今年の出場大会で負けなし。今大会でも昨年初優勝を果たした際のメンバーが5人中4人ということもあり「優勝候補筆頭」のプレッシャーにさらされた。しかし「昨年優勝し全国・関東を経験したことが、”絶対今年も”というどの学校より強い気持ちにつながった」と顧問の林教諭は勝因を話す。

 目標は入賞

 1区を務めた阿部美夕さん(3年)が自己ベストの力走で2区につなぎ、最高のスタートを切った。2区の北原怜奈さん(3年)は1年時からレギュラーのエース。区間賞を獲得する見事な走りで、トップに躍り出た。3区の上田玲奈さん(3年)も堅実な走りで1位をキープ。4区の小野寺令さん(2年)が「思うような走りができなかった」としながらも順位は落とさず5区につなぐと、最終区の田中美優さん(3年)は「5区の重圧もあったが、当日はリラックスして役割を果たせた」と振り返る走りでゴールテープを切った。林教諭は「チーム力の勝利」とし、メンバーらは「全国大会中止は悔しいが、昨年のチームを超え、関東で入賞を目指す」と声をそろえた。
 

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク