港北区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

横浜F・マリノス 社会連携活動で表彰 コロナ禍の飲食店応援

社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
プロジェクトを担当した牧野内さん(右)と服部さん
プロジェクトを担当した牧野内さん(右)と服部さん

 サッカーJ1横浜F・マリノスは5月10日、各クラブの優れた社会連携活動を表彰する「2021Jリーグシャレン!アウォーズ」でソーシャルチャレンジャー賞を受賞した。昨年4月、コロナ禍の地元飲食店を応援しようと「『地域を応援』ホームタウンテイクアウトマップ」をHP上で公開。日頃からの地域との連携やクラブの発信力を生かした取組みが評価された。

スタートはファンの声

 シャレン!アウォーズは、Jリーグ全57クラブのホームタウン・社会連携(シャレン!)活動の中から、特に社会に広く共有したい活動を表彰するもの。2回目の開催となった今回は、昨シーズンの活動を対象に「ソーシャルチャレンジャー賞」「パブリック賞」「メディア賞」の3部門で5クラブが受賞した。

 F・マリノスが企画したのは、昨春の緊急事態宣言下で特に苦しんでいた地元飲食店を応援する「テイクアウトマップ」の作成・公開。きっかけとなったのは、”ファンの声”だ。サポーター有志からなるNPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワークは、日頃から地域の店舗に協力を呼びかけ、クラブの試合告知ポスターの掲出活動を行っていた。そんな協力店には飲食店も多く、「いつもクラブを応援してくれるお店を助けたい」という声がファンの間で広まったという。

 そんなファンの思いを受けた、ホームタウン・広報担当の牧野内隆課長は「とにかくスピード感を重視して」とプロジェクトを始動。ホームタウンの横浜・横須賀・大和の3市の店舗を対象にし、協力店や行政、商店街に声をかけ、約1週間で公開に漕ぎつけた。スタート時の掲載店舗は200に満たなかったが、SNS等で自他薦問わず掲載店舗の情報を募り、1カ月足らずで500店舗を越えるまでに成長した。参加店の一つ「おこのみ鉄板焼き竹蔵」(綱島)の武井のりかずさんは「マップを見て来店してくれたサポーターもいた。苦しい状況下でクラブが動いてくれたのはありがたい」と感謝を口にする。

地域での受賞

 選考では、テイクアウトの推奨でコロナの拡散を防ぎ地域の飲食店を支援する仕組みやクラブの発信力を生かした取組みが評価された。「SNSでの拡散など、参加してくれたサポーターにも感謝したい」と同NPO法人の荒川昭憲代表理事。また、牧野内さんと共にプロジェクトを担当した服部哲也さんも「これまでに培ってきたクラブと地域の絆があったからこそ。ファンや地域の皆様に贈られた賞だと思う」と受賞を振り返る。また、「改めて地域の支えがあってのクラブだと感じた。今後も社会貢献活動も積極的に取り組んでいきたい」と意気込みを口にした。

港北区版のトップニュース最新6

「感動させる走りしたい」

武相高出身泉谷駿介選手

「感動させる走りしたい」 スポーツ

陸上110mHで五輪へ

7月22日号

たばこ・コンロの火災、増加

港北区

たばこ・コンロの火災、増加 社会

在宅時間増加も一因か

7月22日号

日吉台中で立ち上げ訓練

医療救護隊

日吉台中で立ち上げ訓練 社会

北部参集拠点の移転後初

7月15日号

区内で事前キャンプ開始

東京オリパラ

区内で事前キャンプ開始 社会

開幕迫る中、2カ所で

7月15日号

巡回放送で熱中症予防へ

港北消防署

巡回放送で熱中症予防へ 社会

児童らアナウンスに協力

7月8日号

日吉駅前に新拠点

図書取次サービス

日吉駅前に新拠点 文化

区内初、来年1月開設予定

7月8日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter