港北区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン 葛谷 舞子さん 日吉在住 44歳

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

「宝物の一枚」を撮るために

 ○…秋に都内のギャラリーで写真展「life〜笑顔のカケラ」の開催を予定している。障がい児親子の姿をとらえた作品は、学生時代からのライフワークで、これまで何度も個展を開催してきた。6月14日には、午後1時50分からFMヨコハマ「ファンケルヨコハマなでしこ」に出演予定だ。「こんな人がいるからぜひ取り上げてほしいと推薦してくれたようで」とはにかむ。

 ◯…保育園児の頃、仲の良い友達がダウン症で「早生まれで言葉が遅かった自分と波長が合ったんだと思う」。そんな原体験があるなか、大学で写真学科に進んだ当時、出生前診断の新聞記事にショックを受け「障がい児の生きる姿をもっと知ってほしい」とダウン症の子と家族を撮り始めた。それが縁となり、さまざまな障がいのある子と家族を撮影していくことに。個展を何度か開くうちに入賞もし、カメラマンとして独立した。

 ◯…「こういう時に笑うんだ、こっちの角度の方が可愛く見える」などその子のことをよく知るため、被写体の親子と家族のような信頼関係を築くことを大切にしている。「実は口下手」というが、カメラを通してコミュニケーションをとる楽しさを知ったのだという。ありのままの日常を見せてもらうことが「ほかでは撮れない写真」につながっていき、「あの写真が今でも宝物」との声が、撮り続ける原動力になっている。

 ○…2013年に現在の自宅に写真スタジオをつくった。「葛谷さんなら絶対可愛く撮ってくれるから、写真館やってほしい」との声に後押しされたという。3人の子育てに追われつつ、同業者の夫にも撮影を時々手伝ってもらう。今後は障がい者と健常者をつなぐ新聞をつくりたい、とさらに先を見据えた。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook