港北区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

武相高出身泉谷駿介選手 「感動させる走りしたい」 陸上110mHで五輪へ

スポーツ

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
東京五輪代表に内定した泉谷選手=順天堂大学提供
東京五輪代表に内定した泉谷選手=順天堂大学提供

 東京オリンピックの男子陸上競技110mH(ハードル)に、武相高等学校=港北区仲手原=出身で順天堂大学4年の泉谷駿介選手が出場する。代表選考を兼ねた6月の日本陸上競技選手権大会で13秒06の日本新記録で優勝した勢いをそのままに、大舞台へ挑む。

武相高時代に開花

 山下小学校=緑区=に通い、サッカー少年だった泉谷選手。「先生に”足が速いから陸上やれば?”と勧められた」ことで、緑が丘中学校=青葉区=では陸上部に入部。3年時には四種競技に取り組むも県大会出場は叶わなかったという。才能が開花したのは武相高校時代。体が大きくなり、筋肉もついてきたことから八種競技へ本格的に挑戦すると、3年時のインターハイでは八種競技で優勝。県代表として出場した国民体育大会では、110ⅿHで13秒51の好タイムで3位入賞を果たした。武相高校陸上部顧問の田中徳孝さんは、「入学当時は小柄でとても大人しい細身の選手。3年間休まず努力する究極の負けず嫌いと、誰に対しても優しい人物に成長してくれた結果、3年時に開花した」と教え子の成長を振り返る。

 順天堂大進学後は2018年の世界U20陸上競技選手権大会に110mHで出場し、13秒38で銅メダルを獲得。同年のU20日本陸上競技選手権大会では110mHでU20の日本新記録・大会記録をマークし優勝するなど、順調にステップアップしてきた。

決勝進出狙う

 7月8日の記者会見で「初出場のオリンピックで、しっかり自分らしい走りができればいいと思う。自分の実力を測れる良い機会。決勝へ進んで、感動させる走りをしたい」と意気込みを話した泉谷選手。横浜の子どもたちには「腰までの高さがあるハードルを、すれすれで飛び越える技術を見てほしい」と語った。

 陸上男子110mHは、8月3日に予選、4日に準決勝、5日に決勝が行われる。
 

港北区版のトップニュース最新6

「感動させる走りしたい」

武相高出身泉谷駿介選手

「感動させる走りしたい」 スポーツ

陸上110mHで五輪へ

7月22日号

たばこ・コンロの火災、増加

港北区

たばこ・コンロの火災、増加 社会

在宅時間増加も一因か

7月22日号

日吉台中で立ち上げ訓練

医療救護隊

日吉台中で立ち上げ訓練 社会

北部参集拠点の移転後初

7月15日号

区内で事前キャンプ開始

東京オリパラ

区内で事前キャンプ開始 社会

開幕迫る中、2カ所で

7月15日号

巡回放送で熱中症予防へ

港北消防署

巡回放送で熱中症予防へ 社会

児童らアナウンスに協力

7月8日号

日吉駅前に新拠点

図書取次サービス

日吉駅前に新拠点 文化

区内初、来年1月開設予定

7月8日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter