港北区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

大倉精神文化研究所 創立者の歩み、漫画に 没後50年記念し発行

文化

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
左から平井理事長、林宏美さん、星原さん
左から平井理事長、林宏美さん、星原さん

 大倉精神文化研究所(平井誠二理事長)の創立者で、その研究の場として大倉山記念館を創建した実業家、大倉邦彦。今年で没後50年となることを記念し、同研究所が子ども向けの伝記『マンガで学ぶ大倉邦彦物語』を発行した。完成に合わせ8月1日から記念イベントが行われる。

 大倉邦彦は生前、紙問屋などの企業を経営した実業家で、「心が豊かな人、行動に移せる人を育てることが、より良い社会を作ることにつながる」という信念のもと、教育や社会貢献活動に尽力した人物。同研究所は約30年前の創立60周年の際にも大倉の伝記を書籍にまとめたが、今回は子どもたちにも知ってもらおうと漫画にすることに。8月3日から同館附属図書館で配布されるという。

 冊子はA4判で約60頁。前回の伝記発行以降に新たに分かったことも反映させた。印刷会社と協力しながら「イメージしやすいよう当時の写真も多く盛り込んだ」と同館の星原大輔さんが話すように、歴史的背景や社会も踏まえながら、大倉の歩みや思いを分かりやすく知ることができる。最後には残した言葉や教え、年表も付録にした。

 平井理事長は「関東大震災や第二次世界大戦など大倉さんの時代は大変な時代でもあった。その中で何をすべきか考え、自分が生きている証として思い至ったのが『心の豊かな人を育てる』こと。そうしたことも知ってもらえたら」と話す。

 イベントは15日(日)まで。より詳しい漫画の紹介や映像・展示等を予定する。

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook