神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

そよら横浜高田 新店舗敷地で環境活動 地域住民とともに植樹

社会

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
植樹を行う地域住民ら
植樹を行う地域住民ら

 市営地下鉄グリーンライン「高田駅」そばに4月26日に開店予定のショッピングセンター「そよら横浜高田」で3月23日、施設のグランドオープンに先立ち、「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭が行われた。地域住民ら約320人が参加し、近隣に自生する樹木や、区の木・花の苗木を植樹した。

 この取組みは、同施設を運営するイオンリテール(株)が、新しい店舗を開店する際に、地域で活動できることに感謝し、地域住民とともに敷地内に植樹を行う環境活動。1991年から活動を開始し、これまでに1268万本を植樹している。当日は地域住民のほか、環境保全活動等に取り組むために、店舗単位で結成されているイオンチアーズクラブの小学生らもかけつけ、約320人で、近隣に自生しているヒラガシやナンテン、港北区の木であるハナミズキや港北区の花のウメなど、50種類の苗木約1800本を植樹した。

 来賓代表としてあいさつした漆原順一港北区長は、「環境に対するイオンの本気度を感じる。多くの人が参加してくれて、この地域のつながりがより一層深まることが大変ありがたい」と述べた。植樹を行った高田西在住の親子は、「毎日通る道沿いに植えた。木の成長が楽しみ」と話し、「工場跡がどうなるか不安だったけど、イオンができて便利になるし、道が明るくなって嬉しい」と喜んでいた。

防災拠点としても

 4月26日に開店するそよら横浜高田は「鮮度」「駅近」「過ごす場」をキーワードに、食品や日用品を揃え、カフェやイベント等、地域住民にとって「普段使いしたくなるまちの生活拠点」をコンセプトに展開。今後、区と防災力強化等に関する連携協定を結ぶ予定で、地域の防災拠点としても期待される。高田町連合町内会の相沢一夫会長は「地域の人が具体的に動けるよう、協力・連携していきたい」と話した。

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

横綱から「すもう場」

新横浜公園

横綱から「すもう場」

今年度中に完成予定

4月18日

公園すべて禁煙へ

横浜市

公園すべて禁煙へ

条例改正目指し、来春から

4月18日

次世代太陽電池で連携

マクニカ

次世代太陽電池で連携

実用化に向け 県・開発者と

4月11日

「受け入れ拒否」経験44%

盲導犬使用者

「受け入れ拒否」経験44%

協会、23年対象に調査

4月11日

過去最多の138会場

港北オープンガーデン

過去最多の138会場

ミズキーとの写真撮影も

4月4日

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook