神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年6月27日 エリアトップへ

港北警察署 県警逮捕術大会で優勝 17年ぶり3回目

社会

公開:2024年6月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
表彰を受ける署員=提供写真
表彰を受ける署員=提供写真

 神奈川県警察創立150年記念逮捕術大会が6月14日、県警察学校で開催された。県内54署と県警本部が出場。大規模署の部門(18署)で港北警察署(笠佳孝署長)が17年ぶり3度目の優勝を果たした。

 同大会は、抵抗する犯人を制圧して逮捕するための警察独自の技術「逮捕術」を競う団体戦。女性警官同士で警棒を使用した試合から始まり、徒手での対戦のほか、警棒、短刀、警杖を利用して競い合う。時間は種目によって異なるが、2〜3分間で、より多くのポイントを取得したら勝利となる。

 港北署のメンバーは、地域課で交番勤務している警察官を中心に、21歳から37歳で構成された。初戦では神奈川署を破り、中原署、そして、相模原署との対戦も勝ち進み、決勝では南署と対戦。笠署長は、「どの試合も接戦だったが、勝因となったのはチームワーク」と振り返る。

 メンバーそれぞれは、普段は異なる部署で勤務。大会のため、開催から4週間前に特訓が始まり、限られた期間で切磋琢磨してきた。

 警棒対警杖の大将戦に臨んだのは、日吉駅前交番で勤務する地域課の松崎光さん(27)。今年3月まで、県警本部教養課の逮捕術特別訓練員として6年間所属していた。その経験もあり、今大会で出場した試合は3勝1敗。松崎さんは、「訓練員だったこともあり自信があったが、チーム一人ひとりが実力を発揮でき、優勝に繋がったのでは」と話した。

地域安全に活かす

 現場で犯人を早急に制圧して地域だけでなく、警察官自身を守るためにも、「強さ」が必要になる。笠署長は、「区を守るためには、他部署との連携が大事。また、地域の方々に安心してもらうため、強い警察官でなければならない」と真剣な面持ちで語った。

港北区版のトップニュース最新6

県選抜、全国に挑む

女子学童野球

県選抜、全国に挑む

区内在住・馬場奏良さん

7月11日

パラ五輪の舞台へ

男子水泳川渕大耀さん

パラ五輪の舞台へ

「タイムも順位も狙って」

7月4日

関東大会で技能賞

チアRAINBOWS!

関東大会で技能賞

体格差生かした演技

7月4日

県警逮捕術大会で優勝

港北警察署

県警逮捕術大会で優勝

17年ぶり3回目

6月27日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月27日

病を機に日常綴る

日吉本町在住林さん

病を機に日常綴る

「自分ができること」を

6月20日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook