神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

男子水泳川渕大耀さん パラ五輪の舞台へ 「タイムも順位も狙って」

スポーツ

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
神奈川県総体水泳競技大会男子400m自由形(手前が川渕選手/23日撮影)
神奈川県総体水泳競技大会男子400m自由形(手前が川渕選手/23日撮影)

 8月に開催が迫るパリ2024パラリンピック。水泳競技では、岸根高校1年の川渕大耀選手(15/港北区在住)が男子400m自由形に出場を決め、大舞台に向けて練習に励んでいる。

 川渕選手は今年3月、2024日本パラ春季チャレンジレース男子400m自由形で4分20秒63を記録し、自身が持つアジア記録を更新。同月、イタリアワールドシリーズ出場をもって条件を満たし、パリ2024パラリンピックの日本代表推薦選手に内定した。

 横浜市を拠点に活動するスイミングクラブ「宮前ドルフィン」に所属し、毎週月曜日から土曜日まで毎日練習に通う、水泳漬けの日々を送っている川渕選手。東京2020パラリンピック経験者で、パリ五輪にも出場する日向楓選手をはじめ、「メンバーのレベルも高く、みんな全力で取り組んでいる」と話す。上手くいかないときはすぐに原因と改善策を考え、「思ったような泳ぎができると気持ちいいし、努力が実ったと感じる」と、楽しくもストイックに水泳に向き合う姿を見せた。

強み活かしてさらに速く

 先天性の左足機能障害があり、8歳の時に膝下離断手術を受けて義足生活になった。幼い頃から水泳が好きだったが、9歳で宮前ドルフィンに加入して様々な大会に出場するようになり、さらに水泳に夢中に。昨年6月の第36回兵庫県夏季公式記録会では、初めて日本記録、アジア記録を樹立。「いいタイムを出せて印象に残っている」と笑顔を見せた。

 先日開催された神奈川県総体(6月21〜23日)にも出場。400m自由形では4分20秒95と自己ベストに迫る記録も、「最後の50mで力を発揮しきれなかった」と悔しそうに振り返った。1500mは17分7秒49で自己ベストを更新した。

 自身の強みは「力強いキックとリズム感」と話す川渕選手。残り50mのラストスパートは世界に負けないと自負する。それでも、「今の記録では、世界のトップ選手には体2つ分届かない」。課題は、強みを最大限に活かせるフォームづくり。「トップ選手と張り合えるよう、順位も記録も狙っていく」と熱い意気込みを語った。

パラ五輪に向け意欲をみせる川渕選手
パラ五輪に向け意欲をみせる川渕選手

港北区版のトップニュース最新6

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

働き方改革関連法うけ

7月18日

ショートムービー募る

港北区役所

ショートムービー募る

区の魅力を映像で

7月18日

県選抜、全国に挑む

女子学童野球

県選抜、全国に挑む

区内在住・馬場奏良さん

7月11日

パラ五輪の舞台へ

男子水泳川渕大耀さん

パラ五輪の舞台へ

「タイムも順位も狙って」

7月4日

関東大会で技能賞

チアRAINBOWS!

関東大会で技能賞

体格差生かした演技

7月4日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月27日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook