都筑区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

関東大会で小・中の兄弟Vを決めた都筑中央ボーイズの会長 前田 幸長さん 都筑区在住 42歳

勝つことで見えるもの

 ○…第16回関東ボーイズリーグ大会で、史上初となる小・中学同時優勝を果たした。小学生は創部3年目、中学生は創部6年目での快挙。「なんでも初というのは気持ちいい。選手をはじめ、支えてくださったスタッフ、父兄の方々と喜びを分かち合えたのが嬉しかったですね」と目じりを下げる。

 〇…福岡県出身。幼稚園の頃から父親とキャッチボールを始め、小学3年の時に軟式野球チームに。4年で投手を経験して以来、野球人生は投手一筋。プロを意識したのは福岡第一高2年の時だった。恩師となる監督とコーチに出会った。「2人の教え通り練習すればプロになれると確信していました。毎日1000回シャドーをやれとか厳しいものでしたが、短い時間で集中して野球ができたことが大きい」と当時を振り返る。エースとして活躍した甲子園では88年夏に準優勝。全国区で頭角を現した高校生左腕はロッテのドラフト1位に指名され、プロの世界に足を踏み入れた。

 〇…ロッテ入団後、中日、巨人で活躍し、08年、メジャーに挑戦し、現役を引退した。思い出に残る勝負はプロ1年目の時に対戦した西武戦だ。「一番強かった時の西武。3番秋山、4番清原、5番デストラーデを迎えストレートで三者三振を奪った。あれで自信がつきましたね」。日本での通算成績は595試合78勝110敗9セーブ。奪三振は1241だった。躍動感のある投球フォームから放たれる直球と、魔球と呼ばれたナックルボールで打者を翻弄した姿は記憶に新しい。

 〇…現在は野球解説者、タレントとしてテレビやラジオで活躍中。多忙な生活を送る一方で、自らが立ち上げた都筑中央ボーイズの指導に熱を入れる。「プロ20年で見てきたこと、経験したことを伝えたい。強くなるには高い目標をみんなで持ち続けるのが大事。勝つことでしか学べないものもあります」。信念を抱き、指導者として新たな野球道をまい進する。

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク