都筑区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

統一地方選都筑区 市・県議選とも自民圧勝 投票率は過去最低

政治

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
初当選を果たした長谷川氏(中央)
初当選を果たした長谷川氏(中央)

 統一地方選の横浜市議選、県議選が12日に行われ、即日開票された。市議選は新人の長谷川琢磨氏(自民)が、県議選は現職の敷田博昭氏(自民)がそれぞれトップ当選を果たした。区内の投票率は市議選が38・46%、県議選が38・35%でともに過去最低の記録となった。

市議選

 今選挙から定数1増の5議席を6人で争う形となった都筑区の市議選。現職は自民の草間剛氏、公明の斎藤真二氏、維新の望月高徳氏がそれぞれ議席を守った。新人は、嶋村勝夫氏の後継として立った長谷川氏が1万3496票を獲得してトップ当選、さらに民主の木原幹雄氏が初当選した。民主として市議2期を務めた森裕之氏は今回無所属として臨んだが、返り咲きを果たせず涙をのんだ。

 トップ当選の報を受けた長谷川氏は「驚いています。地域の皆様の期待の表れだと思います。選挙活動で訴えてきた子育て、教育、高齢者、安全安心の街づくりという課題の解決に向けて、人とのつながりを作りながら前に進みたい」と抱負を語った。

県議選

 県議選は定数2に対し、現職2人と新人1人の争いに。4選目の挑戦となった敷田氏は前回から5631票を上乗せし2万7280票を獲得してトップ当選。民主の山口裕子氏は3選を目指して出馬し、こちらも前回から2674票を増やし、1万8924票を獲得して議席を守った。維新から出馬した新人の内野敦氏は、地域を知る地元出身者としての強みを訴えたが現職の壁に阻まれた。

 午後11時15分過ぎ、開票速報を待つ敷田氏の事務所に当確の一報が入ると支援者から大きな拍手に包まれた。敷田氏は「(選挙は)何度やっても厳しい戦い。常に支えていただき、力強いご支援を受けた結果です」とあいさつし、「初心に立ち返り、謙虚さを失わないよう心がけ、引き続き治安や災害対策、医療福祉問題など本来の役割、使命を担い努力していきたい」と思いを新たにした。

市内ワースト

 市議選の投票率は市平均が42・00%。都筑区は38・46%で、前回(44・63%)から6・17ポイントの減。県議選投票率は県平均が41・81%、市平均が41・80%。都筑区は38・35%で、前回(44・64%)から6・29ポイント下がった。市議選投票率で最下位の西区が無投票だったため、県議選では都筑区がワーストの投票率となった。この投票率は市議、県議選ともに過去最低を記録した。
 

支援者と万歳する敷田氏(中央)
支援者と万歳する敷田氏(中央)

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

25周年、各地で祝う

都筑区制

25周年、各地で祝う 社会

記念式典に約300人

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

「ららぽ」に子育て支援拠点

「ららぽ」に子育て支援拠点 教育

5日から利用開始

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ 社会

本日から利用スタート

10月31日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク