都筑区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

折本町の農家で都筑ファーム直売所をオープンさせた 加藤 之弘さん 折本町在住 54歳

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

野菜作りは「私の使命」

 ○…販売農家数が市内18区中、最多を誇る都筑区で、400年以上前の江戸時代から続く老舗農家だ。「いい野菜を適正価格で売りたい。ここに来れば安心安全な野菜があると知ってほしい」。農家仲間10軒以上と協力し、新羽町に地場産野菜などを扱う直売所を新設。店内には野菜ソムリエを常駐させ、食べ方や調理方法の提案をする。今後は料理教室や収穫体験も企画予定。「農を楽しむ拠点にしたい」と意気込む。

 ○…折本小、都田中学校出身で生粋の地元っ子。「仲町台駅も山の中、カブト虫捕ったりして遊んだ」と当時を懐かしむ。田畑を駆けずり回った少年は運動神経も良く、中学の体操部時代には県大会で個人総合3位に輝く。「バク転くらいなら今でもできると思うよ」と茶目っ気たっぷりに笑う。大学に進む選択肢もあったが「4年間遊ぶだけだから、外で勤めてこい」と父親に言われ緑区の不動産会社に就職した。

 ○…ニュータウンの開発事業に組み込まれていた土地を守るため「親父は地下足袋をはいて市役所へ直談判に行った」。農家の長男として両親の背中を見続けてきた。バブル絶頂期で給料も良かったが「俺しかいない」と22歳で家業を継いだ。タイミング良く、農家同士の共販体制が軌道に乗り大量出荷が可能になり1年目で売上が4〜500万円増えた。多忙を極め「疲れた」と家に戻ると、明治生まれの祖母から「おめーらはトラクターに座ってるだけだ」とたしなめられた。

 ○…「野菜作りは私の使命です」。年間、約50品目の野菜を育てる日々。日に焼けた顔は、太陽を浴びている農家の証だ。馬糞と剪定枝を混合し、作物に優しい土作りにも余念がない。なるべく農薬を使わずに土、太陽、水など自然の力を最大限引き出す農法に3世代で力を注ぐ。「安心・安全な食材を提供し、健康づくりの一端を担えれば嬉しい」。折本の「農業人」は都筑の食卓を支えている。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

澁谷 正明さん

みなもブロックを製作した第一フォーム(株)の代表を務める

澁谷 正明さん

都筑区在勤 52歳

9月19日号

大嶋 亜季さん

自身初となるワンマンライブを開催した

大嶋 亜季さん

中川中央在住 23歳

9月12日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

9月5日号

山本 あづみさん

31日に開催される中川つながりフォト&シネマの発起人

山本 あづみさん

中川在住 37歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

8月8日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

55歳

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク