都筑区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

4月に昭和大学横浜市北部病院の病院長に就任した 門倉 光隆さん 藤沢市在住 62歳

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena

「心のある医療」届けたい

 ○…地元に根差した病院を目指し、2001年に開院して17年目。外来では1日千人以上が訪れるほどの大規模病院として地域医療を支えている。開院前の立ち上げ段階から携わり、昭和大学医学部の教授などを経て、この春病院長に就任した。「まだ始まったばかり。これまで以上に十分な医療を実践しつつ、スタッフの就労環境も整えたいですね」と穏やかなまなざしを向ける。

 〇…呼吸器科を専門に、昨年までは外科医として活躍。自然気胸や肺腫瘍、肺がんなど、患者とともに様々な症状と闘ってきた。「どんな時も平常心」が信条。医師にとって、急なトラブルが発生しても的確に対応する能力は必須だが、その落ち着きぶりは同僚や部下から驚かれたほど。「人の命を預かっている自分が平常心でいないと」。患者と接する機会が減った今も「門倉先生に診てもらいたい」という声が上がるのは、その実直な人柄ゆえだ。

 〇…東京都で過ごした少年時代、細身な体格からか、よく熱を出しては両親に連れられて耳鼻科や小児科を訪れていた。「病院は身近で、怖いというイメージはなかった」。また、成長してからは海外ドラマ「外科医ギャノン」を食い入るように見ていたという。劇中の危機的状況を救うヒーローのような医師の姿に憧れを抱き、昭和大医学部に現役で入学。医師への道をスタートさせた。振り返ると患者から教わったことも多い。自分が発した言葉が意図せず相手に伝わり傷つけてしまったことがあった。「病院に喜んで来る人はいない。だからこそ丁寧に接するのが大切です」。治すだけではなく、「心のある医療」を届けることが目標だ。

 〇…医師の傍ら、スポーツも万能。全日本医師テニス連盟の大会で優勝争いを繰り広げたこともある。医療従事者は自らの健康が資本。「スタッフがやりがいを持って臨める環境が理想。そのために自分が率先して手本になりたい」

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

日野 正胤さん

勝田山 最乗寺でカルチャー教室を企画する僧侶の

日野 正胤さん

勝田町在住 44歳

10月17日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

10月3日号

山根 越夫さん

認知症の妻の介護体験談を区内各所で語る

山根 越夫さん

葛が谷在住 70歳

9月26日号

澁谷 正明さん

みなもブロックを製作した第一フォーム(株)の代表を務める

澁谷 正明さん

都筑区在勤 52歳

9月19日号

大嶋 亜季さん

自身初となるワンマンライブを開催した

大嶋 亜季さん

中川中央在住 23歳

9月12日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

9月5日号

山本 あづみさん

31日に開催される中川つながりフォト&シネマの発起人

山本 あづみさん

中川在住 37歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク