都筑区版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

(株)崎陽軒横浜工場 弁当製造も見学可能に 報道陣に初公開

経済

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena
シウマイ弁当のご飯に小梅を乗せる作業=12日撮影
シウマイ弁当のご飯に小梅を乗せる作業=12日撮影

 (株)崎陽軒(野並直文取締役社長)=本社・横浜市西区=はこのほど、都筑区の横浜工場(川向町)の見学内容を8月2日からリニューアルすると発表。それに先立ち報道陣に向け、崎陽軒定番「シウマイ弁当」の箱詰めラインなどの新見学コースが12日に公開された。

 第三京浜・横浜港北ジャンクションからほど近い横浜工場では、2003年のリニューアル時からシウマイの製造工程見学を受け入れてきた。同工場の弁当製造ライン新設に伴い、既存のシウマイ製造の見学に加え弁当の箱詰め作業などの工程も見ることができる内容にリニューアルする。

 野並社長は工場見学を始めた時の話に触れ、当時の従業員から「俺たちは見せ物じゃない」と反発されたエピソードなどを披露。しかし、工場見学は大好評で「従業員のモチベーションが上がった。今後も3工場を順調に稼働し、110周年に向け、飛躍の年にしたい」と報道陣に語った。

 同社の駅弁の定番メニュー、シウマイ弁当は1954年に誕生した。見学では駅弁の歴史やシウマイ弁当の美味しさの秘密などを映像で学ぶ。その後、製造ラインでの箱詰め作業をガラス越しに見ることが可能だ。

 弁当製造ラインには20人程の従業員が横一列に並び、俵型ご飯を箱の半分に入れる工程からスタート。その後、残り半分のスペースへシウマイを5個、筍煮、鮪の照り焼、かまぼこ、玉子焼き、鶏唐揚げ、あんずなどを入れ、最後にご飯の上に小梅を乗せ、ふたをして、包装紙を紐で結べば完成だ。同社によると、現在は新設したばかりなので1日平均で弁当4000〜5000個程度の製造だが、将来的には、約1万2000個を見込んでいるという。

 見学は毎週、水・木・金・土曜の4日間(年末年始など除く)。7月21日(金)午前7時から、8月以降10月21日(土)分までの予約受け付けを開始する。予約は【URL】http://www.kiyoken.com/factory/で、(問)横浜工場【電話】045・472・5890。

弁当製造ラインなどについて報道陣に説明した野並社長
弁当製造ラインなどについて報道陣に説明した野並社長

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

子育て、防災など注力

区20年度自主事業予算案

子育て、防災など注力 政治

5施策26事業進める

2月27日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月27日号

芝生広場をリニューアル

センター北駅 前

芝生広場をリニューアル 社会

3月31日を目途に終了

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月13日号

「米粉パン」企業と開発

北山田小6年生

「米粉パン」企業と開発 教育

ヨークマートで販売中

2月13日号

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞 教育

高い表現力など評価

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第41回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    2月27日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第10回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    2月20日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク