都筑区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

川和高校下山さん 砲丸投げで関東へ 「優勝目指す」と奮起

スポーツ

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
ガッツポーズする下山さん
ガッツポーズする下山さん

 県立川和高校(笠原政明校長)=川和町=陸上部の下山翔平さん(2年)が男子砲丸投げの県代表として10月21日(土)・22日(日)、駒沢オリンピック公園で行われる関東大会に出場する。下山さんは「関東では持てる力を全て出し、優勝を目指す」と意気込む。

 先月17日に市営三ツ沢陸上競技場で行われた県高校新人陸上競技大会、男子砲丸投げには49人がエントリー。1選手が3回投げる中で、下山さんは13m90の記録で優勝を果たし、関東への切符を手にした。

 横浜地区予選を1位で通過した下山さんは「自信もあったし、緊張せずに落ち着いて試合に臨めた」と振り返るが、それだけに「気負い過ぎてしまい、自己ベストの14m19を超えることができなかった」と悔しさを滲ませた。

投てき人生5年

 下山さんは近所に住む先輩が砲丸を投てきする姿に憧れを覚え「自分もやってみたい。陸上をやるなら砲丸投げ」と中川西中学校1年の時、陸上部に入部。すぐに砲丸投げを始めた。

 中学3年の時、全国大会に出場したものの予選敗退。悔しさをバネに川和高校に入学後は週6回、約3時間の練習を毎日欠かさず行っている。

謙虚な姿勢が実を結ぶ

 現在、同校陸上部29人の中で、砲丸投げの選手は下山さん1人のみ。普段の練習では、ラグビー部員に交じり、30kgのバーベルを肩に担いで行うジャンプスクワットで足腰を鍛え上げる。そのほか、フォーム改善のために自分が投てきする姿を動画に収め、確認もする。

 また、「吸収できるものは全て学びたい」と日産スタジアムや他校などで開催される、投てき練習会などにも自分から積極的に足を運び、他校の生徒や顧問と交流し腕を磨いている。

 同校で7年間、陸上部の顧問を務める木村冨美雄教諭(56)は「彼は真面目で謙虚。練習に妥協は一切なく、きつい練習も楽しそうに行っている。今大会は今までやってきた努力が実を結んだ結果」と語った。

 関東大会へ向け、最終調整中の下山さんは「しっかり練習して自分に自信をもち、万全の状態で試合に臨みたい」と意気込む。

都筑区版のトップニュース最新6

バスケで介護に脚光を

GFLOWEXE

バスケで介護に脚光を スポーツ

区内事業者 3x3参入

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook