都筑区版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

文科省教育表彰 石川さん(荏田東在住)が初受賞 わらべうた活動に栄誉

文化

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にし、笑顔を見せる石川さん
賞状を手にし、笑顔を見せる石川さん

 全国各地でわらべうたや読み聞かせの活動をする石川道子さん(68)=荏田東在住=が11月7日、平成29年度社会教育功労者表彰(文部科学大臣表彰)を文部科学省から初受賞した。全国121人が選ばれ、県内で4人、市内では唯一の受賞となった。

 社会教育功労者表彰は文部科学省が長年にわたり、社会教育の振興に功労した人や団体などへ功績をたたえる賞。図書館や公民館での活動、青少年教育などの社会教育分野で活躍する人に贈られている。

 子どもが心地良いと感じるリズムにきれいな日本語を合わせて、昔から歌われ続けてきたわらべうた。有名なもので「げんこつやまのたぬきさん」「ずいずいずっころばし」などがある。 昭和50年代頃から現在に至るまで、わらべうたや読み聞かせ、親子の絆の大切さを伝える講義を北海道や奈良県など、全国の図書館で実施してきた石川さん。昔から歌い継がれる日本文化の普及活動に多大な貢献をしたことが評価され、今回の受賞に至った。

 石川さんは「好きで続けてきたことが表彰され、大変光栄に思う。私が受賞したことで、伝承されてきた、わらべうたの魅力を多くの方に知ってもらいたい」と思いを話した。

「後継者、育てたい」

 石川さんがわらべうたや読み聞かせを始めたきっかけは、短大卒業後に教諭を務めた磯子区の幼稚園でのこと。園児が目を輝かせながら、石川さんの声に耳を傾ける姿に、感動を覚えたという。その後、「子どもと本の橋渡しをしたい」と自宅で音楽教室と家庭文庫を主宰。音楽や児童文学などを、子どもに伝える活動を積み重ね、現在では、絵本の編集や母親に勧めたい絵本リストの出版に携わるなど、活動の場を広げている。

 区内でも、愛和のぞみ幼稚園や川和保育園、茅ヶ崎南保育園で定期的に園児に声を届けている。

 「体が動く限り、活動を続けたい。またボランティアや図書館員、幼稚園・保育園教諭、母親など、子どもと触れ合う人に、この文化を伝えていって欲しいので、後継者を育てていきたい」と今後の目標を語った。
 

都筑区版のトップニュース最新6

20年の歩み記念誌に

都筑警察署

20年の歩み記念誌に 社会

テーマは“キャッチボール”

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

12月3日号

オンラインで初開催

クリスマスマーケット

オンラインで初開催 文化

12月25日までサイト開設

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月26日号

防火ポスターで火の用心

都筑火災予防協会

防火ポスターで火の用心 社会

消防署若手ら奮闘

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに

コロナに負けず、31回公演

12月12日~12月12日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク