都筑区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

関東小学生剣道大会 養浩館道場(勝田町)が入賞 区内団体では初快挙

スポーツ

櫻井館長と6人のメンバー=養浩館道場提供
櫻井館長と6人のメンバー=養浩館道場提供

 勝田町で活動する養浩館道場(櫻井裕介館長・52)の小学生チームが2月25日、千葉県で開催された「小野派一刀流流祖忠明旗争奪関東小学生剣道大会」で3位入賞した。都筑区内の剣道団体の入賞は初快挙。

 大会は徳川幕府の剣の指南役だったとされる「小野派一刀流」を開いた南房総出身の小野次郎右衛門忠明の功績を後世に伝えることなどを目的に創設され今回で29回目。関東近郊から過去最多の126チームが参加した。

 試合は補員を含め4年生以上の6人チームで編成。先鋒、次鋒、中堅、副将、大将の5人で戦う。養浩館道場の出場選手は、西山大稀君(都田小6年)、荒川裕也君(虹ヶ丘小5年)、田邊宏胤君(新石川小6年)、伊藤凪沙さん(富士見小6年)、大崎友翔君(宮崎小6年)、上島蒼平君(勝田小6年)の6人がエントリーした。

 予選リーグを順調に勝ち進んだ同チームは42チームがトーナメント戦で競う決勝大会に進出。決勝トーナメント1回戦は千葉県のチームを、2回戦は新潟県のチームに勝ちベスト16まで駒を進めた。

 迎えた準々決勝行をかけた3回戦は東京の強豪、梅本少年剣友会と対戦。5人勝負で勝敗がつかず代表者戦を制してベスト8に。その後も今年度神奈川県チャンピオンチームの直信舘和泉道場(泉区)を破り、準決勝へ進んだ。

 決勝進出をかけた試合は全国道場少年剣道大会2連覇の実績あるチームと対戦したが、惜敗し3位入賞の結果になった。また、先鋒としてチームに勢いをつけた都田小学校出身の西山君は大会の優秀選手5人に選ばれた。

 剣道錬士7段で同チームの監督を務めた櫻井館長は「素直で優しい子が多いチーム。力は十分についてきたが、大きな大会で勝ちきることができずにいた。今年に入り皆で話し合い、食事から見直すなど取り組んできた成果がやっと表れた」と喜びを語る。

 同道場を団体として立ち上げたのが11年。その後、16年夏に勝田町に自前道場を設置した。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

環境大臣表彰を受賞

茅ヶ崎公園自然生態園 管理運営委員会

環境大臣表彰を受賞

6月21日号

異文化交流で新事業

都筑区内2団体

異文化交流で新事業

6月21日号

高齢運転者の支援充実へ

子育てマップを発行

都筑区南西部版

子育てマップを発行

6月14日号

ぐるっと緑道が大臣表彰

中川周辺市民団体

ぐるっと緑道が大臣表彰

6月7日号

管理組合の支援強化へ

横浜市

管理組合の支援強化へ

6月7日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第15回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    6月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク