都筑区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

総合格闘技「修斗」 佐藤選手、2度目の防衛 坂口道場(仲町台)に所属

スポーツ

勝利の雄叫びを上げる佐藤選手
勝利の雄叫びを上げる佐藤選手
 総合格闘技、プロフェッショナル修斗公式戦・世界バンタム級チャンピオンシップが11月17日、後楽園ホールで行われ、坂口道場(仲町台)の佐藤将光選手(31)が和術慧舟會トイカツ道場の齊藤曜選手(33)を破り、2度目のタイトル防衛を果たした。

 修斗は、1980年代に創始された日本発祥の総合格闘技。キックやパンチなどの打撃に加え、寝技などの組み技も認められている。

 佐藤選手は昨年10月に自身初となる世界王座を獲得し、今年7月には初防衛に成功。2度目の防衛がかかった今試合では、過去に完敗を喫した齊藤選手を逆指名し、「チャンピオンとして情けなかった。ここで終わってたまるかと思った」と、魂を燃やした。

 当日試合が動いたのは4R 。相手の背後に回った佐藤選手がパンチを連打。必死にガードする相手の隙間から強烈なパンチが入り、KO勝ちを決めた。「ようやく勝つことができてほっとした。競技への思いが自分をここまで引き上げた」

働きながらつかんだ栄光

 一対一での真剣勝負に魅力を感じ、大学入学を機に総合格闘技の道へ。在学中にプロデビューを果たした。

 修斗を始めたのは4年前。「やるからにはタイトルを狙う」と志を高く持ち、週5日、約2時間の練習を坂口道場で行い、武器である打撃の強化や、寝技、組み技を磨いてきた。また普段は、池辺町にあるワンタイ建設(株)で働いている佐藤選手。「重いものを運ぶ作業は筋トレになっている。試合前に職場の仲間から『けがしないようにね』と優しく声を掛けてもらう」とうれしそうに語る。

 来月には指導者として、都内に自身のジムも開設予定。「まだまだ道の途中。これからも挑戦を続けながら一生、総合格闘技に携わっていたい」と前を見据える。

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

川和球友会が優勝

区軟式野球大会Aクラス

川和球友会が優勝

12月6日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

「兄弟」でリスト杯2連覇

都筑中央ボーイズ小・中学部

「兄弟」でリスト杯2連覇

11月29日号

2歳児の受け入れ開始

やまた幼稚園

2歳児の受け入れ開始

11月22日号

ビーコルの魅力発信

東山田小個別支援学級

ビーコルの魅力発信

11月22日号

団員数急増 定員に迫る

横浜市消防団

団員数急増 定員に迫る

11月15日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク