都筑区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第30回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena

高等科から青年学校

 一年一学期が終わらぬうちに先生は召集され、自習が続いた。

 先生は次々戦地におもむき補充がつかず、その上、学校は軍隊に占領され、生徒は各公民館、神社、お寺に分散授業が行われた。教科書、帳面、鉛筆、食糧不足がせまり、弁当を持って来れない生徒がだんだん増え、さつまいもを持ってくる者は良い方だった。

 家庭も手不足になり、学校に赤ちゃんを背負い勉強に来る生徒が増えた。

 今思うと、日本全国の生徒は、”おしん”だったと思う。

 その当時の教育は耐えることを一番学んだと思う。それが今日まで、いや一生続くだろう。

 学校ははじめ重機機関銃部隊が入り、一階部分は床をはがし倉庫になり、他には兵隊が入った。校庭は馬小屋になり、完全な兵隊屋敷になった。

 ほとんどが召集老兵で、今思えばかわいそうだった。将校も不足が目立ち、自分の子供みたいな学徒即席将校に往復ビンタをくい、訓練に明け暮れていた。

 ちょうどその頃、中川青年学校は銃剣術では県下一を誇る優秀校だった。防具も百五十セットを保有、一年は木銃、二年は模擬銃、三年は模擬銃と牛蒡剣、四年は三八式歩兵銃、牛蒡剣、薬莢、訓練により背嚢を背負い、装備も県下では右にでる学校はなかった。

 召集兵と青年学校生徒と銃剣術の試合が校庭で行われたが、親子みたいな取り組みでは結果はわかったようなものであった。

 みじめな老兵は気合いも入らず、生意気な即席学生将校には腹が立った。
 

都筑区版のコラム最新6

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第67回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

6月10日号

縁の下から持続可能な社会へ

縁の下から持続可能な社会へ

佐江戸町 (株)オクタノルムジャパン

6月3日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

5月27日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第66回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

5月27日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第65回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

5月20日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第67回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    6月10日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter