都筑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第37回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
兵士の無言の帰国
兵士の無言の帰国

送別会【2】

 でも、まだ壮行会ができた方はよかった。終戦間際は、入隊するにも、壮行会は禁止、送っていくには付き添い一名だけ、それも出かけるには、夜中密かに出かけ入隊すること、また部隊手前五百メートルで付き添いは禁止、という処置がとられた。

 そんな思いをして勇躍日本の防人として軍務についた青年は、ほとんど南方海上で撃沈され、海の藻屑と化した。

 戦わずして二十の青春を散らした思いは、いかばかりであろう。

戦没者の合同葬儀

 中川地区から二百数十名の戦死者をだした。

 最初は遺骨遺品が現隊から届いたが、戦況が進まぬ頃から遺骨すら無かった。

 一番最初に無言の帰還をされたのは、北山田の田向屋の主人小泉一郎さんでした。支那事変当初の犠牲者で、部落総出で市境の野川まで、夕方、遺骨の出迎えに行きました。市境まで現隊の兵隊さんが付き添ってこられ、暗闇の静寂の中、父が吹くラッパの国の鎮めのもの悲しい吹奏は今でも耳にあります。

 中川地区八カ町村での戦死者の合同慰霊祭が、中川小学校校庭でたびたび行われましたが、戦死者が多く、空襲も激しく、大勢集まることは危険になり、各町で行われるようになりました。

 青年学校四年生は、遺骨の出迎え、葬儀と、小銃着剣で警護を担当しながら、何時か俺も迎えて貰う立場になるのかと、祭壇の写真を見ながら同志と語り合っていた。

 最初の頃はそれらしく告別式ができたが、終戦間際は遺骨はなく、遺髪さえ届くことはなかった。何処でどうのように戦死したのか、敗戦色濃くなっていた当時はわからなかった。軍から位牌の引き取りも二名程度に制約され、細々と告別式が行われるはめになってしまった。

 毎年お盆になると、異郷の戦野で誰にも看取られず、家族を思い、望郷の念強く、息を引き取った方々に南無阿弥陀仏を唱えずにはいられない。
 

仏壇ギャラリー ラステル新横浜

どうしたらよいかわからない「実家の仏壇」 仏壇お引き取りサービス

http://lastel.jp/shinyokohama/

東有馬に11/1(金)開院

10/26(土)・27(日)10時~15時、内覧会開催

http://sol-clinic.jp

<PR>

都筑区版のコラム最新6

悲願Vへラストスパート

悲願Vへラストスパート

9日(土)、三ツ沢で札幌と激突

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

11月7日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く

都心臨海部の起爆剤に

IRと横浜

10月31日号

公式キャラは「えむえむさん」

MM21街区NEWS【17】

公式キャラは「えむえむさん」

MM線開通15周年記念で

10月31日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月24日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月17日号

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク