都筑区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

都筑警察署 事故受け交通安全運動 横断歩道の利用徹底へ

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
関係者らが一斉に呼びかけ
関係者らが一斉に呼びかけ

 1月5日に茅ケ崎中央で発生した、乗用車と歩行者による死亡事故を受けて、都筑警察署は10日、歩行者や自転車の運転手に対して道路横断時の注意点などを呼び掛ける交通安全運動を実施した。

 都筑署管轄内では今年1月1日から10日の間に、この事故を含む、自動車と歩行者の衝突事故や、自動車同士の追突事故など12件の事故が発生し、13人の負傷者と1人の死者が出ている。

 5日に事故が起きたのは茅ケ崎中央にある中村交差点付近の片側3車線道路。午後6時45分頃、横断歩道のない約25mの道路を徒歩で横切ろうとした女性(74)が乗用車にはねられ亡くなった。

 事故を受けて都筑警察署は、10日に中村交差点の歩道で交通安全運動を実施。都筑交通安全協会や都筑安全運転管理者会らのメンバー約30人が啓発チラシや反射材になるキーホルダー等を手渡しながら、交通ルールを呼び掛けた。同協会の加藤恒雄会長は「正しくルールを理解してもらい安全なまちになれば」と話した。

 交通安全運動の前には杉山神社で毎年恒例の「交通安全祈願祭」も行われ、小林孝次都筑警察署長や警察関係団体など約30人が参加。神殿で宮司が祝詞を読み上げた後、参加者らが祭壇に玉串を捧げ、交通事故撲滅を祈願した。小林署長は「昨年に引き続き、二輪車や高齢者の事故対策にプラスして、歩行者の保護対策も重点としている。交差点での取り締まりを従来通り実施するとともに、自動車の運転手らには、スピードの減速や、路地や見通しの悪い道路での徐行を呼び掛けていきたい」と話す。

啓発グッズを手渡す関係者
啓発グッズを手渡す関係者

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

芝生広場をリニューアル

センター北駅 前

芝生広場をリニューアル 社会

3月31日を目途に終了

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月13日号

「米粉パン」企業と開発

北山田小6年生

「米粉パン」企業と開発 教育

ヨークマートで販売中

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞 教育

高い表現力など評価

2月6日号

県全勝で関東大会へ

荏田高女子ハンド部

県全勝で関東大会へ スポーツ

2月1日 東京代表と対戦

1月30日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク