都筑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第39回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
空襲のない時は、隣近所で消火訓練をして空襲に備えた。
空襲のない時は、隣近所で消火訓練をして空襲に備えた。

空襲【2】

 秋の彼岸にお墓の線香立て作業をしていた時だった。艦載機(かんさいき)が吉田橋付近の工場を攻撃していたが、まぐれた敵機が飛来し、頭上で物体を落とした。新型爆弾と思い、畦にへばりつき、爆発を待ったがなかなか爆発しない。それもそのはず、艦載機の補助タンクだった。

 五月二十九日の横浜大空襲は焼ける煙で太陽が隠れ、日蝕が続いているようだった。その煙の中を、ゆうゆうとB29が手が届くかと思われる低空で、よくもこんなに飛行機があるかと思うくらい、我がもの顔に飛んでいた。ニュースを聞かなくても横浜全滅が黒煙でわかった。

 そして幾日かたって、私は磯子の競馬場へ馬の検査に行った。地図を頼りに馬に乗り、朝暗いうちに出かけ、ようやく競馬場に着いた。焼け野原のため、目標になるものがなく、空襲になったら駆け込む場所がないので心配したが、往(い)きは無事だった。

 検査を終え、早く帰ろうと思い競馬場を出たとたん、空襲になり、急いで山の崖下に飛び込んだが、その山の上に高射砲陣地があり、突然砲撃を開始した。驚いた馬は崖下から道路に飛び出して猛烈に駆け出し、ようやくなだめ、避難場所を探してことなきをえた。焼け野原の市中に来ると、とっときの戦車が三台、地響きをたてて、移動していた。おそらく本土上陸に備えて、空襲の合間の移動だろう。家に夕方やっとたどり着いて、横浜は海まで何もなくよく見えるほど焼け野原だと、夕飯を食べながら話した。
 

都筑区版のコラム最新6

「外化(がいか)」としてのアクティブラーニング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【3】

「外化(がいか)」としてのアクティブラーニング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

3月12日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第41回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

2月27日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第10回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

2月20日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

2月13日号

社会で生きる個性を育てる

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

社会で生きる個性を育てる

桐蔭学園理事長 溝上慎一

2月13日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第39回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

2月6日号

都筑スポーツセンター

4月スタート、春のスポーツ教室。応募締切2月15日まで。

http://www.yspc.or.jp/tsuzuki_sc_ysa/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク