都筑区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

都筑区公示地価 住宅地高価格は牛久保東 34地点中31カ所で上昇

経済

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 国土交通省は公示地価をこのほど公表した。都筑区全体の平均変動率は1・8%と昨年の1・5%に比べ若干上昇。下落した場所はなく、住宅地の牛久保東エリアの価格が依然高価格で推移している。

 都筑区では住宅地25、商業地6、工業地3の計34地点で調査が行われた。住宅地2地点と選定替を行った1地点を除いた、31地点で0・7%〜最大4・0%まで変動率が上昇。それぞれの平均変動率は、住宅地では1・6%、商業地では2・0%、工業地では、2・5%となった。

 区内の住宅地1平方メートルあたりの平均土地価格は27万3300円。最高価格だったのはセンター北駅近くの「牛久保東1の33の53」地点で38万8000円。変動率も4・0%と区内1位だった。続いて「牛久保東1の3の2」地点で34万円、「茅ケ崎南5の4の52」地点の32万5000円と並び、センター南・北駅周辺の人気がうかがえる。

 牛久保東で40年以上不動産会社を営む高橋住宅センター(株)の代表取締役、高橋満さんは「センター南・北は商業施設が充実していることもあり依然として人気エリア。住宅の売れ行きも良くハウスメーカーからの注目度も高い」と話す。

 また、昨年に比べ、工業地の変動率が好調を見せている。3地点の平均変動率は2・5%(昨年は1・8%)の上昇。平均価格は19万3700円。「北西線の開通も後押しになり港北IC周辺が物流の中心になっている。企業が倉庫などで利用したのが影響したのでは」と話すのは、みつや不動産代表取締役、鏑木泰さん。今後の見通しについては「コロナの拡大があれば悪影響もあるのでは」と懸念を示した。

 公示地価は地価公示法に基づき国交省が毎年1月1日時点の土地価格を調査し公表する。一般の土地取引や公共事業用地の取得価格算定の指標などに活用される。

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

全館営業へ続々再開

区内商業施設

全館営業へ続々再開 経済

感染予防にも取り組む

6月4日号

『銭天堂』が4位

こどもの本総選挙

『銭天堂』が4位 教育

横浜市出身・廣嶋さん著書

6月4日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

都筑でもオンライン診療

都筑でもオンライン診療 社会

処方薬も配送可能に

5月28日号

田渡選手がMIP受賞

横浜ビーコル

田渡選手がMIP受賞 スポーツ

SNS活用など評価

5月21日号

飲食店、原則禁煙へ

改正健康増進法

飲食店、原則禁煙へ 社会

市、主要駅周辺で確認調査

5月21日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク