都筑区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

仲町台で無料の買い物代行支援を行う 宮崎 真理子さん 仲町台在住 48歳

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

仲町台に幸せ広げる

 ○…「誰かにしてもらえることを待っているのではなく自分ができる範囲でできることをしたい」。コロナ禍で人出が消えた都筑を思い「この町から元気がなくなるなんて許せない」と買い物支援プロジェクトを立ち上げた。その思いは伝わり、いつしか認知度やメンバーの輪が広がっていた。「行動を起こすことで変化を起こすことができる」。熱い思いは自信に変わっていった。

 ○…長野県出身。父の仕事の影響で3年に1度の転勤を繰り返していたため地元という存在にどこか憧れがあった。大学のプログラムを利用し、半年間の留学へ。「みんなと同じことをするのは嫌」と留学先はイギリスやアメリカではなくオランダを希望。個人を尊重し前例にとらわれない風土を肌で感じられたことが、「今の仕事につながっているのかも」と振り返る。

 ○…メーカー勤務を経て、マーケティングや人事などを経験。長時間労働などの働き方に疑問を感じ、人事となって育休制度の見直しを行ったが「これでは何も変わらない」と、保育関係のNPOの職員に。子どもへの医療的なケアの提供や障害児の訪問保育などで子育ての支援を行いながら、その背景にある働き方の変革に挑んでいる。「社会にインパクトを与えながら、新しい当たり前を作っていきたい」

 ○…「仲町台が大好き」と輝かせる瞳が印象的。都内から、仲町台に住み始めて10年。「せせらぎ公園の豊かな緑があれば安心して子育てができるでしょ」と太鼓判。「うちの子は地域に育てられたようなもの」と笑顔を見せる。「まずは私の半径5mは幸せにしたい。その幸せが広がっていけばいいなって思うんです」。今では地元のようになったこの町で挑戦は続いていく。

都筑区版の人物風土記最新6

倉鹿野 巧さん

ウインドサーフィンのヨーロッパ選手権で上位に入賞した

倉鹿野 巧さん

折本町在住 21歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

神谷 百さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百さん

高山在住 19歳

5月5日号

平田 釉莉(ゆうり)さん

8月に行われるバトントワーリングの世界大会日本代表に選ばれた

平田 釉莉(ゆうり)さん

港北区在住 16歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook