都筑区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第45回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
イカダ代わりに利用された竹
イカダ代わりに利用された竹

物資の不足【3】

 今でも、仏教のお坊さんの修業では、茶碗にお湯を注ぎ、たくわんで洗い飲み干すと言われます。よく今の若い者は汚いと言いますが、自分が食べた茶碗が汚いのなら、食べることはないと思う。娯楽は何もなかった。芸能界の方は軍の慰問にかりだされ、ラジオも隣組に一台あればよいほうで、情報も良い戦況以外なかなか流れず、しかし、目の前で、東京、横浜が丸焼けになり、迎撃する戦闘機も飛ばなければ戦況不利はわかってきた。

終戦

 父が城山より養子にこられてから桃栽培が行われた。綱島の桃として有名だった。収穫は六月から七月にかけて行われ、短期間のため、忙しかった。桃の収穫中だった。夜中まで残業をしていた時、新屋の清助さんに召集令状が届いた。忘れられぬことだ。

 清助さんは二回目の召集であり、今度は生きて帰れぬと家で心配しているから、すぐ帰るよう勧めたが、朝二時頃まで手伝っていた。おそらく、今生の別れとの思いが強かったのではなかったか。終戦のふた月前、食料不足に桃栽培はけしからぬということで全部伐採したら、終戦になり、何もかも終わった。

 八月十五日、重大放送があるといわれ、ラジオを聞いた。雑音が入りよく聞き取れなかった。夕方になってようやく、戦争が終わったのだと思われた。空襲のサイレンが鳴らず、飛行機も飛ばず、急に静かになり、何かしら呆然となり、気が抜けてしまい、仕事も手がつかなかった。

 終戦の夜、倶楽部で同志と銃剣術をしてうさばらしをした。これからどうする、と青年団で激論を交わした。その頃デマが横行し、男は殺される、女は辱めを受けると言いふらされ、かなり動揺していた。とりあえず、女子供は箱根に逃がそうと真剣に考えた。馬の背に焼き米、必需品を乗せて準備したが、実行しなくてよかった。情報が今のようにあれば考えられぬことだが、世の中が変わる時代の出来事だ。
 

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第13回『結膜炎はうつりますか?』

7月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

6月24日号

地域社会づくりを担ってきた学校

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

地域社会づくりを担ってきた学校

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月24日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Webで合同面接会

Webで合同面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook