都筑区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

国土交通大臣賞を受賞した仲町台駅前ハマロード・サポーターの代表 折戸 忍さん 仲町台在住 77歳

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

地道にコツコツ16年

 ○…数十年前、煙草を吸いに夜に集まる若者やごみが落ちている駅前を見て「何とかしなければ」と立ち上がった。道路の美化や環境整備などの地道な活動を積み重ね、団体発足から今年で16年。今では、30人のメンバーと地域住民も巻き込む大きな活動となり、このほど国土交通大臣賞を受賞した。「これからも仲町台が住みやすいまちであるように活動を続けていく」とまっすぐ前を向く。

 ○…鹿児島県種子島出身。4月から11月まで泳いでいたと話す青い海と白い砂浜が数キロにわたり広がる風景は今でも脳裏に残る。中学1年の時、島を離れ市内の中学に転校し、鹿児島工業高校へ進学。「青田買いだったね」と念願だった製鉄メーカーの日本鋼管に就職した。夜行列車はやぶさに揺られ金の卵として横浜の鶴見にやって来た。システム開発や製鉄部門、営業など多様な職種を経験。「専門外のこともあったがすべて意味のあることで自分を育ててくれた」

 ○…退職を機に2001年、当時”住みたいまち”として話題を集める仲町台へ越してきた。順番で回すマンションの理事になったことをきっかけに町内会の運営に携わるように。名刺に刻まれる役職は片手には収まりきらず「頼まれると断れない性格なんだ」と照れながら話す。地域活動の楽しみは子どもたちと関われること。「学校に行けば名前で呼ばれたりして本当に嬉しいね」と目尻を下げる。

 ○…妻を8年前に亡くし今は一人暮らし。「3人の子どもがたまに家に来て掃除とかいろいろしてくれるんだ、近況を報告し合うのも楽しいね」と父の顔を覗かせる。妻の月命日には欠かさずお墓へ足を運ぶ。遠くで見守る妻に嬉しい報告ができるのが幸せだ。
 

都筑区版の人物風土記最新6

秋山 利輝さん

秋山木工グループ代表で、来年創業50年を迎える(有)秋山木工代表取締役の

秋山 利輝さん

中川在住 77歳

12月3日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月19日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

池辺町在勤 51歳

11月12日号

三田 律子さん

つづきっこ読書応援団代表の

三田 律子さん

茅ケ崎南在住 58歳

11月5日号

綿谷 優大さん

センター北フリーパフォーマンスでジャグリングを披露する

綿谷 優大さん

南山田在住 21歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月22日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに

コロナに負けず、31回公演

12月12日~12月12日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク