都筑区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第66回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
北山田の田園風景
北山田の田園風景

中川中学五十周年に思う

 平成八年十一月二日、中川中学体育館で五十周年記念祝賀会が地域の代表、同窓会により開催された。挨拶のなかで五十年の歩みを大勢の方が話されたが、現在の中学敷地は戦前は小学校の農業実習地として使われ、戦時中は青年学校の厳しい軍事訓練用地でもあった。早渕川土手との手旗信号、丘を下り川まで農道を泥だらけの匍匐前進(ほふくぜんしん)、防具も汗を通すほどしごかれた銃剣術などが、校庭に立つと昨日のようによみがえる。二十二年に初めてPTAができ、南山田の栗原氏が会長になり、父が副会長で、予算もないとき校舎を建てなければならないと、牛久保の陸軍防空部隊の兵舎の払い下げを受けた。地域の市川大工や鳶(とび)職を中心に解体、牛車で運搬、奉仕で仮校舎が建設された。

 教育振興会(農協組合長)伊藤さんの存在が大きかった。

故郷

”故郷は遠くにありて思うもの”と言われるが、北山田のように一部を残して、地下十数メートル下に故郷が埋まってしまったのでは、すでに故郷はない。

 視界から消えると懐かしさは増す。それも我々の年代だけの郷愁(きょうしゅう)かもしれない。

 人が生きるには環境がよかった。

 きれいな小川、四季折々の山野の衣替え、人情豊かなお付き合い。近所に不幸があれば家族の身になって心配し面倒を見、お祝い事があれば我ことのように喜び幾日も手伝い杯を重ねた。

=続く。
 

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook