神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2021年6月10日 エリアトップへ

都筑区民文化センター 開館は17カ月遅延へ 24年度にずれ込む

文化

公開:2021年6月10日

  • LINE
  • hatena
20年以上更地となっている、中川中央1丁目の整備予定地
20年以上更地となっている、中川中央1丁目の整備予定地

 2023年度中の開館を予定していた都筑区民文化センター(仮称)について、横浜市は1日、24年度中の開館にずれ込む見通しであることを明らかにした。市会市民・文化観光・消防委員会で説明があった。都筑区民とって待望の施設の誕生が17カ月の遅延となる。

 整備予定地はセンター北とセンター南の両駅間にある商業施設「港北みなも」前の敷地。横浜市が2018年に同センターの整備を条件に民間事業者を対象として土地活用の事業提案型公募を実施し、自動車機器の開発・製造販売会社の「ボッシュ(株)」を代表企業とするグループを事業者に決定した。

コロナが影響

 同委員会での市文化観光局の局長の説明によると、ボッシュが設計施工体制を決定する中、新型コロナウイルス感染症の影響でドイツ本社との社員の往来が制限され、意思決定に要する時間が大幅に延長したことが主な原因という。

 当初案では20年9月に現地での施工を開始し、23年4月までに整備した区民文化センターを横浜市に引き渡す予定だったが、変更案では22年1月に施工を開始し、24年9月までに引き渡し、24年度中に開館するスケジュールとなった。

 施設の内容や設計施工体制の変更はない。整備されるのはボッシュのオフィスや研究施設が入居する民間施設(地上7階地下2階)と区民文化センター(地上4階地下1階)の2棟。延べ床面積は約5万5000平方メートル。

 整備を巡っては都筑区が基本構想検討委員会を設置し、方針に関する考えなどを答申にまとめた経緯がある。都筑の文化夢スタジオ管理運営委員会委員長(当時)として委員だった金子進さんは「まずはきちんとしたものができることが大事。遅延の後の工程表が議会で承認されたら、区民にしっかりと知らせてほしい。整備されることが地域の賑わいに寄与することを期待している」と話した。
 

都筑区版のトップニュース最新6

「踊ることで誰かの力に」

ダンス&パフォTSU・ZU・KI

「踊ることで誰かの力に」

「3.11」から続く支援公演

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

個室授乳室を駅に寄贈

小児科医望月さん

個室授乳室を駅に寄贈

市営地下鉄で初導入

7月4日

県初Vで2年連続全国

港北ブレイズ

県初Vで2年連続全国

全日本小学生男子バレー

7月4日

「無料塾」 活動の輪、広げて

都筑区在住吉沢さん

「無料塾」 活動の輪、広げて

開校3年で成果も

6月27日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook