都筑区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】 地域課題に共に取り組む教育機関へ 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena

 学校が地域づくりに関わる話の続きである。桐蔭学園は大学を持つ総合学園ということもあり、社会の急速な変化、問題解決に携わる人びとを支援するために、2018年に「トランジションセンター」 を設立した。子ども・学生を育てるだけの教育機関ではなく、地域が抱える課題に共に取り組む教育機関でもありたいと考えたのである。

 トランジションセンターで優先して進めるのが地域連携支援である。もともと学園は大学に地域連携・生涯学習センターを持っており、講座を長年提供してきた実績がある。今それを、青葉区・都筑区をはじめとする地域住民の人生100年時代のライフ(生活・人生)を支援する講座であると位置づけ直し、講座内容も趣味や語学からアカデミックな学問、生き方、ビジネス、資格まで、そして学園の強みでもある音楽や芸術、健康に関する講座も補強して事業を充実させている。

 今年、あざみ野商店会の「認知症の人にやさしい街プロジェクト」をお手伝いし始めた。地域の人びとだけが知る事業に終わらせず、アンケート調査やデータを分析して事業を見える化し、全国に情報発信しようという役割を買って出たのである。地域以外の人びとから関心を寄せてもらうことが、地域事業の一層の発展に繋がるはずである。手前味噌であるが、大学を持つ桐蔭学園として、この手のアカデミックな作業はそんなに難しいことではない。

    (次回へ続く)
 

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第13回『結膜炎はうつりますか?』

7月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

6月24日号

地域社会づくりを担ってきた学校

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

地域社会づくりを担ってきた学校

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月24日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook