都筑区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

区内で火事増加 住宅防火呼びかける

社会

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
火災警報器の設置・点検を呼びかける有住さん(左)と池田さん(右)
火災警報器の設置・点検を呼びかける有住さん(左)と池田さん(右)

 都筑消防署は、11月末時点での今年の火災件数が昨年を上回ったことを受け、火の元の確認の徹底を呼びかけている。家庭でできる住宅防火について都筑消防署に聞いた。

 11月に区内で発生した火災件数は3件で、昨年同時期の1件に比べ増加した。累計火災件数は33件で昨年の26件から7件増加しており、都筑消防署では注意を呼びかけている。

 「この時期は空気が乾燥しているので火がつきやすくなってしまいます」と都筑消防署総務予防課の有住和子さん。市内での出火原因で最も多いのはコンロ。次いでたばこ、放火(疑いを含む)と続く。

 コンロ火災対策として、火の元を離れないことやコンロ周りを整理整頓することはもちろんだが、着ている服に火がつく着衣着火にも注意が必要だという。この時期に着ることの多いモコモコとした服やゆったりと袖の広がった服は特に注意が必要だ。火力を調節することや防炎処理されたエプロン等を使うことが着火を防ぐのに有効だという。

 また、ストーブなどの暖房器具の使用時に洗濯物や毛布に着火するケースも増えているそう。

 有住さんは「少しでも意識をすることで火災を防ぐことができます。コンセントやプラグなどホコリが溜まっていないかなどもチェックしてみてください」と話す。

都筑区版のトップニュース最新6

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

SDGs推進「バナナで」

SDGs推進「バナナで」 社会

有志がプロジェクト発足

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook