都筑区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

郵便局屋上で養蜂開始 地域の自然環境保持へ一役

社会

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena
ハチミツを採取
ハチミツを採取

 都筑区内のビルの屋上で郵便局長らがハチミツづくりに挑戦--。日本郵便横浜市東部地区連絡会・都筑部会が今春から都筑郵便局(茅ケ崎中央)の屋上を活用して養蜂事業を行っている。5月から本格的にハチミツの採取も進み、作業は順調に進んでいるようだ。

 この事業は日本郵政グループのSDGs達成に向けた取り組みのひとつで、既に青葉区内の郵便局が実践しているもの。ミツバチの飼育を通じて区内の自然サイクルを守り、自然環境の保持へとつなげることで地域に寄り添い、より役立つ郵便局を目指している。

 養蜂作業を中心となって行っているのは同会に所属する区内の郵便局長たち。今年の春頃から都筑郵便局の屋上を整備し、4月に巣箱を設置した。局での通常業務と合わせて、毎週2回交代制でミツバチの世話や巣箱の掃除などを熱心に行っている。

 周辺の緑豊かな環境も影響して、当初2万6千匹からスタートしたミツバチは約2カ月でおよそ5万匹までに増加。これまで合計で40リットルものハチミツの採取に成功しており、メンバーからは「予想以上の成果」と喜びと驚きの声が上がっているという。

 採取したハチミツは今後、区内の地域活動などで活用していくほか、販売も視野に入れて検討中だという。

 横浜市東部地区連絡会の串田明彦統括局長は「都筑区の発展のために郵便局として精力的に取り取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

作業する区内郵便局の局長ら
作業する区内郵便局の局長ら

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

つくり手と地域つなぐ場へ

川和町の建築士事務所

つくり手と地域つなぐ場へ 文化

イベント初開催、定期化も

6月23日号

都筑区は分割解消へ

衆院小選挙区区割り案

都筑区は分割解消へ 政治

川崎市宮前区と新「19区」

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 社会

市、若年層啓発に注力

6月23日号

デジタル化推進へ

都筑区運営方針

デジタル化推進へ 社会

業務の効率化めざす

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook