神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

よこはま花と緑のスプリングフェア 牧野造園が市長賞 立体デザインに高評価

文化

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
2つの輪が立つデザインが印象的な作品
2つの輪が立つデザインが印象的な作品

 山下公園で開催されていた「第46回よこはま花と緑のスプリングフェア2024」の花壇展で、株式会社牧野造園=佐江戸町2257=が最優秀となる横浜市長賞を受賞した。同社の市長賞受賞は初めて。

2つの輪

 花壇展は、横浜市の「花いっぱい運動」の一環として、1963年に始まった。今年で61回目。出展には(一社)横浜市造園協会が協力しており、今回は同会の会員企業や横浜農業協同組合が参加。21区画の花壇を整備した。

 牧野造園の作品タイトルは「ふたつのロンド〜STARS ON EARTH〜」。2つの大きな輪が印象的な作品。同社のデザイナー・楠井美寛さんは「輪を取り入れてほしい」という牧野玲子専務の要望を取り入れ、輪が自立するデザインを書き起こした。

 牧野幸太社長によると、楠井さんのデザインを形にするため、ステンレスで円形を作り、鉄板の上に溶接した。

 スプリングフェアの期間は約3週間。花壇には潅水装置がなく、「空中に浮かんだ輪の上に花を植えることなどない」(楠井さん)ため、花を持たせる工夫が必要だった。楠井さんは花苗を水苔で包み、水苔が落ちないように麻のテープで巻き、輪の骨組みに鳥の巣のように巻き付けた枝の中に埋め込んで仕上げた。

SDGs意識

 使った花は20種類ほど。SDGsの観点から、輪に巻き付けた枝は剪定枝を利用した。

 市長賞受賞について牧野社長は「毎年クオリティーが高くなる中、賞をいただけて嬉しい」と喜んだ。また「異業種の専門家にお願いして土台を作成してもらい、大胆に飾り付けできた。苦労した甲斐があった」と協力に深謝した。

 楠井さんも「自信はなかったが、輪が立体的に立っているところが評価されたのが嬉しかった」と笑顔。またデザイン通りの仕上がりに「社員皆のおかげ」と感謝した。

都筑区版のトップニュース最新6

都筑発エナドリ開発

(株)エリアプロジェクト

都筑発エナドリ開発

横浜産のモルト粕使用

6月20日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月20日

通年スポーツフロア化へ

横浜国際プール

通年スポーツフロア化へ

市、再整備計画素案示す

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

54歳、最後の挑戦

米澤和昭さん(富士見が丘)

54歳、最後の挑戦

FD(フリーダイビング)日本代表で世界へ

6月6日

区内から12人が関東へ

陸上・県高校総体

区内から12人が関東へ

6月14日から東京で

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook