旭区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

7月1日に横浜旭ロータリークラブの第43代会長に就任した 齋藤 善孝さん 本村町在住 62歳

常に思うは「誠」の精神

 ○…42年の歴史を持つクラブの会長という大役を任され、感じているのは「緊張感」。何気なく入会したクラブも今年で11年目に。クラブには学校経営者や医者、弁護士など異業種の会員が集まる。「話術から人生の生き方…。本当に多くのことを学んだ」。仲間から得たものは数え切れない。地域と交流しながら、自分自身も成長できる場。出会った人たちに感謝の気持ちを込め、活動に励む。

 ○…現在、会員は36人。最近は減少傾向にあるといい、今後も会員の増強に奔走する。今年の柱に、世話役を担う、近隣の17クラブが一堂に集う連合会(IM)の成功を掲げる。「事前準備をしっかりとして、滞りなく進めたい」。目先だけでなく、来年2月の一大イベントにまで目を配る。「会長」という責任を果たすために、静かに気持ちを奮い立たせる。

 ○…本村町で生まれ育つ。街の移ろいと共に歳を重ね、今は、アパートや駐車場管理を行う斉藤総業(株)の2代目。サラリーマンとして会社勤めをしていたが、1999年に父親である先代が築いた会社を引き継いだ。「父は戦争を経験していたこともあり、とにかく腹がすわっていた。真面目で誠意があって、偉大な存在。まだまだ超えられない」。ぽつりとつぶやく。17年前に他界したが、今でも仕事ぶりをチェックされているような気がするという。「真面目にはやっているから大丈夫かなぁ」と苦笑いする。

 ○…「規律正しく、困難に立ち向かう姿が好き」と自衛隊員を応援すべく、県防衛協会理事や自衛隊募集相談員も務めている。実は大学卒業後、自衛隊の入隊試験に挑戦したこともあるほどの筋金入りだ。自衛隊の話となると、穏やかな表情も自然と熱くなる。黙々と任務に向き合う自衛隊の姿勢は、自分の信念に通ずるものがある。「普通に淡々と。それが一番難しい」。常に思ってきたのは「誠」の精神。普通という難題に、誠意を持って立ち向かう。
 

旭区版の人物風土記最新6件

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク