旭区版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

第96回全国高校野球選手権神奈川大会・開会式の司会を務める 栗原 桃花さん 横浜隼人高校3年生 

野球部の経験が「今の私」

 ○…高校球児たちの夏が、自分の第一声で始まる。「神奈川県中の選手や保護者、ファンが集まるスタジアム。自分がやれるなんて思ってもいなかった」。人前に出るのは得意ではないし、自信もなかった。だが、開会式を間近に控えた今、感じるのは「責任」だ。「司会をやらせて頂くのはとてもありがたい。今までは憧れでしかなかったけど、精一杯頑張りたい」。謙虚な姿勢で意気込む。

 ○…父親の影響で、物心ついたころから夏は高校野球応援が恒例行事だった。幼いころはルールもわからなかったが、次第に短い夏の間に生まれるさまざまなドラマに夢中に。「マネージャーになりたい」という思いも自然と大きくなった。中学の野球部は女子の入部は認められていなかったため、知り合いの勧めから吹奏楽部でトロンボーンを担当。高校では「マネージャーをやる」。そう決めていた。

 ○…中学3年生の初夏、進路に悩んだ。「自分のやりたいことは何だろう」―。決まっていたのは、強豪校でマネージャーをすることと、語学の勉強ができる環境が整っていること。条件が揃ったのが隼人だった。入学後はすぐに野球部へ。父親と水谷哲也監督には、「半端な気持ちじゃできない」と止められたが、反対を押し切って入部。「外から見るのとは全然違って、やっぱり甘いものじゃない」。きつく指導されたこともあったが、「それがあったから今の私がいる」と振り返る。

 ○…「マネージャーも選手の一員」という方針のもと、同部ではマネージャーもユニホームを着るのが伝統。そこも入部の決め手。女子だからという特別待遇はなく、選手との壁もない。それだけ厳しい環境ではあるが、この道を選んだことに後悔はしていない。普段、口にすることはないが、いつも支えてくれる選手への感謝の気持ちは計り知れない。「夏の大会でみんなの全力プレーが見たい。楽しんでくれることが、一番嬉しい」。とびきりの笑顔が出た。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

市川 慎二さん

横浜旭ロータリークラブの会長に新しく就任した

市川 慎二さん

7月26日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月19日号

宮西 隆行さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した

宮西 隆行さん

7月12日号

山本 宗明さん

白根通り商店会の会長を務める

山本 宗明さん

7月5日号

水野 佐知香さん

横浜音楽文化協会会長に就任した

水野 佐知香さん

6月28日号

島袋 李奈さん

ジョイナステラス二俣川で初開催のミュージックライブに出演したシンガーソングライター

島袋 李奈さん

6月21日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク