旭区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める 迫(さこ) 祐子さん 東希望が丘在住 59歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

”道すがら”の出会いつなぐ

 ○…地域交流スペースの二俣川ハウスをスタート地点に、地域で出会ったさまざまな特技を持つメンバーたちが集まった「どんぐりの輪」。初開催する「どんぐりマルシェ」には、手作りが好きなメンバーによる多様なハンドメイド作品が登場する。「メンバーは一人の人間として、自分の生きがいを楽しんでいる人がほとんど」。マルシェが、地域の人々が”自己実現”を探せる場所になることも望む。

 ○…結婚して夫の実家がある旭区に移り住み、自治会や子ども会などの地域活動にも携わってきた。「地域」を改めて考えるきっかけとなったのは、義父の病気が進行して自宅療養になった12年前。懸命に看病する義母の心に寄り添い、話に耳を傾けるヘルパーの姿を見て、「話を聞いてもらえることで、人は救われる」と知った。その後訪れた義父の死は「自分はどこで死ぬのか、これから先、地域でどう生きていくのか」という問いも生み出した。

 ○…「地域でのつながりを作りたい」。その思いから、一人暮らしの高齢者に電話で話を聞く「旭ふれあいコール」の活動、母親たちが互いの話に耳を傾ける場「どんぐりはうす」の立ち上げ、障害者施設でのボランティアなど、さまざまな地域活動に取り組んできた。精神障害者の支援団体「木々の会」が運営する二俣川ハウスを紹介されたのは2年前。リニューアルに向けた運営メンバーの一人になった。「自分がやりたかったことに挑戦できる”場”に出合えた」と感謝した。

 ○…「場所があれば多様な意思を持つ人々がそこでつながり、何かを始められるきっかけになる」。二俣川ハウスでその思いを実現させるため、昨夏から継続して、さまざまなイベントや講座を企画してきた。「好きな言葉は道すがら。目標まで遠くても、寄り道しながら歩いていきたい。思いに共感してくれる仲間を増やせたら」。偶然も大切にしながら、地域での出会いをつなぎ形にしていく。

旭区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月17日号

柳沢 響月(きづき)さん

レーシングカートのレーサーとして活躍する

柳沢 響月(きづき)さん

中白根在住 13歳

6月3日号

権藤 由紀子さん

今年度から旭区長に就任した

権藤 由紀子さん

市内在住 55歳

5月27日号

金沢 哲男さん

日本高校野球連盟の2020年度「育成功労賞」に選ばれた

金沢 哲男さん

横浜商科大学高校在勤 63歳

5月20日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月13日号

丹野 康佑さん

認知症サポーター養成講座のボランティア講師団体「旭区ひまわりの会」の代表になった

丹野 康佑さん

南希望が丘在住 80歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter