旭区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

空き家を活用して居場所づくり 中白根で初の取り組み

社会

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena
多くの人が集まった会場(主催者提供)
多くの人が集まった会場(主催者提供)

 区内中白根の住宅で6月11日、区民の自宅を活用した初めての取り組みが始まった。

 取り組みは自宅の活用方法と高齢者の居場所づくりを目的に、上白根地域ケアプラザが主催したもの。「地域住民の居場所を作るために親の自宅を提供したい」という柳澤智敬(ともひろ)さんからの相談をきっかけに、同ケアプラザや旭区社会福祉協議会、旭北地区連合自治会が家の活用方法について検討。まずは家を開放して地域の人々で使えることを知らせるために、お披露目会が開かれた。

 当日はスタッフ含めて100人以上が参加。コーヒーが提供される休憩スペースが設けられたほか、健康測定なども実施された。また、「高齢者の食事と栄養」などをテーマに近隣の老人ホームによる講座も行われた。

住民とともに活用法探る

 さらに、会場となった家の活用方法について意見募集も実施。参加者からは「お友達とお話しできる場になると良い」「健康測定は定期的にやってほしい」「一人暮らしなので、お茶飲み会がしたい」などさまざまな意見やアイデアが飛び交った。

 同ケアプラザでは今回出たアイデアなどをもとに、地域住民たちと一緒に家をどんな場所にしていくかを検討していくという。柳澤さんは「将来的には多世代が交流できる場所として利用できる家になるようにしていきたい」と話している。

旭区版のローカルニュース最新6

2年連続で無火災表彰

2年連続で無火災表彰 社会

上白根連合自治会

10月1日号

子育ての悩みを相談

子育ての悩みを相談 社会

二俣川「ひなたぼっこ」

10月1日号

15日から願書配布

幼稚園協会旭支部

15日から願書配布 教育

清水支部長インタビュー

10月1日号

コロナ対策で事前申込制

コロナ対策で事前申込制 文化

旭図書館「親子おはなし会」

10月1日号

テラスでハロウィーン

テラスでハロウィーン 文化

工作展示や館内巡り

10月1日号

新・立民県連が船出

新・立民県連が船出 政治

代表に阿部氏

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月1日号

お問い合わせ

外部リンク