旭区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

大旗で会場盛り上げ 横浜旗士道

文化

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
「真鶴よさこい大漁フェスティバル」での演舞
「真鶴よさこい大漁フェスティバル」での演舞

 色とりどりの大型旗を大空へ――。全国各地で、旗によるパフォーマンスを行う「横浜旗士道」(富岡宏代表=人物風土記で紹介)。11月10日には真鶴町で開かれた「真鶴よさこい大漁フェスティバル」に出演し、数々のチームによる流し踊りのラストを飾った。

 同団体は、神奈川県を中心に旗を振ってパフォーマンスを行う旗士が集まって2011年に結成。東日本大震災の被災地や各地のよさこい祭り、スポーツの試合など、さまざまな舞台で旗を振っている。

 先頭の富岡代表(48)は厚い胸板の持ち主。旗は20kg以上になるが、受ける風でも重さが変わる。「町民の方が楽しみにしてくれていて、アットホームなイベント。また皆さんに会えて嬉しかった」と話していた。

 同団体は11月25日(土)にラゾーナ川崎プラザ(川崎市)のよさこいイベントに出演予定。公演は午後0時10分〜、2時〜、3時40分〜の3回。

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

自宅の子どもたちに夢を

自宅の子どもたちに夢を スポーツ

マリノスユース出身者発案

7月2日号

本日から運行再開

本日から運行再開 社会

移動支えるおでかけワゴン

7月2日号

コロナ対策講じ、夏まつり

コロナ対策講じ、夏まつり 文化

3日・4日 ショッピングセンター

7月2日号

あいさつ通じて元気に

あいさつ通じて元気に 社会

大学生が通学路で実施

7月2日号

再生事業の自立化目指す

再生事業の自立化目指す 社会

専門家を公募

7月2日号

散歩マップをつくろう

散歩マップをつくろう 文化

アトリエが企画

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク