旭区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する 富岡 宏さん 西川島町在住 48歳

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena

魂と力強さを大旗に

 ○…長さ7m、約20kgにもなる大きな旗を操り、パフォーマンスを見せる旗士。旗士10人が集まった「横浜旗士道」を代表として率いる。活動の舞台は幅広く、全国各地のよさこい祭りから、プロバスケットボール「Bリーグ」の試合前パフォーマンスなどにも出演。「魂を込めて旗を振って力強さや格好よさを伝え、見ている人に喜んでもらえたい」という思いを胸に、会場を盛り上げている。

 ○…旗士との出合いは20年ほど前。よさこいのチームに所属していた母親のステージを見に行くと、踊り子ではなく演舞を支える旗に目が付いた。「力強さに魅了された」と、すぐに同じチームで旗士として活動を開始。よさこいを彩る旗士として、多くのイベントに出演してきた。活動を続けるにつれて旗へ込める思いは強くなり、次第に「旗のみの表現で、人々を喜ばせたい」という思いが募っていった。「夢をみるだけでなく、現実にしたい」。2011年1月、思いを形にするために全国的にもなかった旗専門のパフォーマンス集団を立ち上げた。

 ○…生まれも育ちも横浜で、妻と子ども3人の5人家族。仕事では配送業に従事する。旗士として活動を始める前から体作りをしていたというが、「最初は体の使い方も分からず、思うように振れなかった」と振り返る。トレーニングのため、現在は仕事の前後でジムに通う日々。毎日の積み重ねがダイナミックなパフォーマンスを支えている。

 ○…旗だけのパフォーマンスはもちろんだが、太鼓や三味線、ジャズアンサンブルなど他ジャンルとの共演にも挑戦してきた。「どんなジャンルの方ともコラボできると思うので、一つの作品を一緒に作ってみたい」。人々を喜ばせるためにこれからも挑戦を続け、大旗を空にはためかせる。

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

12月24日号

松延 邦明さん

若葉台遊水池水辺愛護会の会長を務める

松延 邦明さん

若葉台在住 76歳

12月10日号

黒田 智暉さん

19歳以下フットサル日本代表候補に召集された

黒田 智暉さん

YSCC横浜所属 19歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク