旭区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた 田中 朋子さん 47歳

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena

「後ろを見ず今を楽しむ」

 ○…「人とのつながりを娘から与えられている。今が本当に楽しいの」。明るさに満ちた声色とその笑顔に充実の日々を感じさせる。障害のある子どもたちとその家族が引きこもることなく、外出を楽しんでいる姿を発信しようと仲間とともにムック本を制作し出版。「本を手にしていただいた方が新しい『エンジョイ』を見つけるきっかけになれば」。計画が動き出してから1年半、苦労を重ね世に送り出した「思いの結晶」を優しく手にする。

 ○…娘の花歩さんが2歳の時、言語や運動機能に障害がある「レット症候群」と診断された。自宅に戻りインターネットで病気について検索すると、難病であること知った。目頭から溢れる涙をハンカチで抑え、あの日の記憶を辿る。「後ろを見ていてもしょうがない。その時々に与えられたものを楽しんできた」。この言葉に人となりが集約されている。

 ○…愛娘は療育センターを経て上菅田特別支援学校に入学。PTA活動などを通じて多忙な日々を送っていた3年前のある日、家族にとって大きな存在となるバイオリンとピアノのユニット「sources(ソーシズ)」に出会う。「言葉を話すことはないけれど、表情を見ていれば楽しんでいることはすぐに分かった。寝ていても彼らの音楽が始まると目を覚ますんです」。以来、車いすに乗る娘とともに遠方のライブにも訪れる熱狂ぶりだ。

 ○…療育センターや特別支援学校、PTA活動を通じ出会った子どもたちや保護者、そしてライブ会場で出会うファン。「出会いが私たち親子の世界を広げてくれた。もっと障害者やその家族が外に出ることができるきっかけになれば」。自身と愛娘のライフスタイルを通じた思いが仲間とともに作り上げた1冊に込められている。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

内藤 紫春さん(本名:内藤久子さん)

「第41回東京書作展」で文部科学大臣賞・準大賞を受賞した

内藤 紫春さん(本名:内藤久子さん)

東希望が丘在住

11月21日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月14日号

根本 正慶さん

「GENKI会」の世話人を務める

根本 正慶さん

笹野台在住 76歳

11月7日号

青井 純子さん

希望が丘商店会の会長を務める

青井 純子さん

東希望が丘在住 59歳

10月31日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

10月10日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

区内在住 38歳

10月3日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アレルギー疾患対策を考える

アレルギー疾患対策を考える

12月1日に講演会

12月1日~12月1日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク